クロップ、ニューカッスル戦で有終の美へ「より相手にとって嫌な存在になれる」

超ワールドサッカー / 2020年7月26日 14時25分

写真:Getty Images

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、ニューカッスルとの今シーズン最終戦を来シーズン以降に繋がるものにしたいと考えている。イギリス『リバプール・エコー』が公式会見コメントを伝えている。

プレミアリーグ第32節終了時点で30年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたリバプール。以降の戦いではマンチェスター・シティの持つ歴代最多勝ち点記録更新こそ逃したものの、アンフィールドでの今季最終戦となった前節のチェルシー戦では5-3の快勝を飾り、悲願のリーグ制覇に自ら花を添えた。

26日に敵地セントジェームズ・パークで行われる最終節のニューカッスル戦に向けては、3年連続得点王を目指すエジプト代表FWモハメド・サラー(19点)がトップのレスター・シティFWジェイミー・ヴァーディ(23点)に大きな差を付けられていることもあり、消化試合という印象が色濃い。

だが、今季最後のプレマッチカンファレンスに出席したクロップ監督は、ニューカッスル戦を来シーズン以降に繋がるものにしたいと主張し、勝利で有終の美を飾ることを誓っている。

「我々は何も変わらない。常に改善を目指している。長期に渡っての改善は可能だと思っているからだ」

「もちろん、日曜日の試合(ニューカッスル戦)が終われば、一時休止し休暇を楽しむつもりだ。そして、8月中旬からトレーニングを開始し、その瞬間からは再び自分たちのすべてを注ぎ込んでいく。そして、我々を妨げるものは何もないはずだ」

「我々のプレーヤーたちが何年にも渡って書き上げてきた物語は本当に素晴らしいものだが、その物語はまだ終わらない。それがいつ終わるかを決めるのは我々自身だ」

「次のトロフィーが何であれ、ピッチ上で戦い、ハードワークを楽しみながら戦っている姿を見たい。それを続ける限り、今後も常にチャンスはあるはずだ」

「まずは普段通り、誰もが対戦したくないと思うチームになりたい。我々はすでにそういった類のチームになっていると思うが、より相手にとって嫌な存在になれると思っている」

また、リバプールは前節の勝利で今季の勝ち点が96ポイントに到達。この数字は1989年に起きた“ヒルズボロの悲劇”の犠牲者の数と一致する。ドイツ人指揮官はニューカッスル戦で勝ち点を99ポイントに伸ばすことを希望しながらも、アンフィールドの優勝セレモニーを96ポイントで迎えたことに特別な感情を抱いたという。

「正直なところ、私は人生における偶然の一致ということをあまり強く信じていない」

「96ポイントという数字に気が付いたのは、トレント(・アレクサンダー=アーノルド)の試合後のインタビューからだった。その瞬間、私は物事の繋がりを強く感じたよ」

「トロフィーを手に入れた夜に96ポイントに到達したことは単なる偶然とは思えない。それは本当に特別で素晴らしいものだった。すべてのファミリーが同じように感じてくれていれば嬉しいね」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング