PSGの新守護神ナバスが見せた、アディショナルタイムにチームのピンチを救うスーパーストップ!【アンビリーバブル・セーブス】

超ワールドサッカー / 2020年7月28日 13時0分

写真:Getty Images

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。



今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが見せたスーパーストップだ。

2014年、ブラジルW杯でコスタリカ代表の守護神として超人的な活躍を見せたナバスは、この活躍を評価され、その夏レマル・マドリーへ加入。同クラブのレジェンドである元スペイン代表GKイケル・カシージャスの後釜として正守護神の座につき、自身のキャリアの中で大きなステップアップを成し遂げた。今シーズンから加入したPSGでも新守護神として、チームのリーグ・アン制覇に貢献している。

そんなナバスは2020年2月4日に行われた、リーグ・アン第23節ナント戦では、チームのピンチを救う見事なセーブを見せている。

2-1とPSGがリードして迎えた試合終了間際、後半アディショナルタイムの92分、ナントに決定機。ピッチ中央右でFKを得たナントがロングボールを前線に送る。高く上がったボールは危険には見えなかったが、ボックス手前でMFアンドレイ・ジロットがヘディングでボックス内にボールを入れると、完全にPSGディフェンスの裏を取ったFWルノー・エモンがGKと1vs1のチャンスに。

後方からのボールを右足のアウトサイドで合わせたエモンだったが、至近距離のシュートに超反応を見せたナバスが見事にセーブ。後半ロスタイムの絶対的なピンチを救うスーパーストップを見せた。

試合はナバスのセーブでスコアを2-1に保ったPSGがそのまま勝利を収めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング