【J1注目プレビュー|第8節:仙台vs横浜FM】王者に訪れた試練、攻略上手な木山・仙台にどう応じる!?

超ワールドサッカー / 2020年8月1日 12時15分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第8節】
2020年8月1日(土)
18:00キックオフ
ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス
[ユアテックスタジアム仙台]

◆攻略上手な指揮官が選ぶ道は【ベガルタ仙台】

今シーズンはここまでわずか1勝と結果の出ていない仙台。5戦未勝利、2連敗中と良いところがないのが現状だ。

前節の柏レイソル戦は押し切られる形で5-1で大敗を喫したが、前後半とも良い攻撃の形を見せていた。第6節の川崎フロンターレ戦(2-3●)、第5節の北海道コンサドーレ札幌戦(2-2△)と勝てていないものの、どちらも2点を先行する試合運びを見せていた。

相手を攻略してこその2点リード、得点や攻撃の形も作れていた中で、相手を押し込む時間帯もある。ただ、それを90分間やりきれないところが課題だ。

今節の相手である王者・横浜FM対策も当然準備しているはず。両サイドバックの裏を仙台のWBが突く形が想像できるが、木山隆之監督が用意しいた策は?

★予想スタメン[4-3-3]
GK:ヤクブ・スウォビィク
DF:蜂須賀孝治、吉野恭平、平岡康裕、柳貴博
MF:道渕諒平、椎橋慧也、関口訓充
FW:ジャーメイン良、長沢駿、西村拓真
監督:木山隆之

◆ミスを減らして自信を取り戻せるか【横浜F・マリノス】

前節は北海道コンサドーレ札幌相手に3-1で完敗。守備陣のミスから失点を繰り返し、不安定な戦いを続けている。

中断明けは、主力の離脱も相次ぎ、万全の戦力で戦っているとは言えないが、過密日程となる今シーズンを考えれば、同じメンバーで戦うことは不可能。さらに10月からはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も入ってくるため、チーム全体で安定したパフォーマンスを出すことが重要だ。

課題となるのは、相手が完全に攻略法を準備してきていることにある。FC東京(1-3●)、鹿島アントラーズ(4-3●)、札幌(3-1●)と敗れた試合はいずれも失点が多い。特にハイラインを敷き、後方からのビルドアップを行う部分を狙われている格好。個々のミスを誘発させられる場面もある。

中盤でのミスが出ることで強度を失い、最終ラインが準備できない状況でカウンターを受ければ崩壊する。昨シーズンはDFチアゴ・マルチンスに助けられていた部分がかなり大きいが、それがなければ脆いことも証明されつつある。果たして相手の攻略をどう乗り切るのか、それとも自分たちのスタイルを貫き打ち勝つのか。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、高野遼
MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏
FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、大津祐樹
監督:アンジェ・ポステコグルー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング