抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年8月5日 12時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めた、記憶に残る衝撃のゴールだ。



チャンピオンシップ(イングランド2部)のMKドンズで大器の片鱗を見せ、ビッグクラブの注目を集めたアリは、2015年夏にトッテナムに正式加入。イングランドの次代を担う若手MFとして、瞬く間にチームの中心選手へと成長を遂げている。

イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えるアリだが、2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めている。

ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とす。

アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放つ。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まった。

極上のテクニックと天才的センス炸裂のゴールで勝ち越したトッテナムは、アディショナルタイムにも追加点を奪い3-1で勝利。ちなみにアリのゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング