この期に及んでまたゴルフ!? CLメンバー外を望んだレアルFWベイルがまさかのラウンド

超ワールドサッカー / 2020年8月8日 15時15分

写真:Getty Images

流石にもう居場所はなくなってしまうのではないだろうか。レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルが、またしてもゴルフを楽しんでいたことがスクープされてしまった。

スペイン『El Chiringuito』がその映像を独占として入手したといい、スペイン各メディアも一斉に報じている。

マドリーは、今シーズンのラ・リーガを制し、7日にはマンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグを戦うこととなっていた。

シーズン終盤はベンチ入りするも試合出場はなく、最終節はメンバー外に。そして、シティ戦に向けたメンバーにも入っていなかった。

メンバー外について問われたジネディーヌ・ジダン監督は「プライベートな会話だが、彼がプレーしたがらなかったとだけしか言えない」とコメント。ベイルの意向でメンバーに入れたなかったとしたが、当の本人は大好きなゴルフをしていたから驚きだ。

メンバー外になったからなのか、ゴルフをしたかったからメンバー外にしてもらったのかは定かではないが、チームがラ・リーガとの2冠のため、逆転勝利を目指してイングランドでのアウェイゲームに臨む中での行動としては褒められるものではないだろう。

ベイルとマドリーの契約は2022年6月まで。果たして来シーズンはマドリーでプレーすることになるのだろうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング