今年のJ1は大学勢の当たり年?/六川亨の日本サッカー見聞録

超ワールドサッカー / 2020年8月21日 19時40分

写真:©︎J.LEAGUE

新記録達成はあっけなかった。8月19日のJ1リーグ第11節、ここまで10試合で失点6の堅守を誇る2位・C大阪だったが、首位の川崎Fに前半で逆転を許して劣勢に立たされると、後半も3失点で2-5の大敗を喫した。

これで川崎Fは第2節から10連勝で、90分以内での年度をまたがない同一シーズンの最多連勝記録を達成した。好調・川崎Fの強さを改めて述べる必要はないだろう。C大阪戦でも車屋や守田らレギュラークラスがサブに控えつつ、試合終盤での起用でしっかりとゲームをクローズさせる。その一方で三笘とレアンドロ・ダミアンは後半からの出場でもゴールという結果をきっちり残す。

今シーズンは新型コロナの影響で交代枠が5人に拡大されたが、下部組織出身でレンタルバックのFW宮代に経験を積ませるなど、鬼木監督のベンチワークの“妙”も見逃せない。齋藤学や山村和也がベンチ入りできないほど選手層は厚いだけに、この先も大崩れするとは考えにくい。今後は優勝争いではなく、単純に「どこが川崎Fをストップするか」に注目が集まる日も近いかも。

欲を言えば、これだけ豊富なタレントを擁しているだけに、川崎FにはACLに出て欲しかった(ただし今シーズンのACLは無事に最後まで開催できるか未定だが)。

その川崎Fを牽引している選手として、ルーキーの旗手怜央と三笘薫の名前をあげても異論はないだろう。2人とも順天堂大と筑波大の中心選手で、大学時代から五輪代表に招集されていた逸材だ。

そして彼ら以外にも、今シーズンのJ1は大卒ルーキーの活躍が目立つ。FC東京では安部柊斗と中村帆高の明治大コンビだ。ボランチの安部は第11節の広島戦ではJ1初ゴールを決めた。同じく右SB中村は、広島戦ではハノーバーに移籍した大学の先輩・室屋の代役を務めた。

FC東京には法政大のインカレ優勝に貢献した右MF紺野和也もいるが、いまのところ交代出場にとどまっており、大学時代のチームメイトであるFW上田綺世(鹿島)も湘南戦での負傷で治療が長引いているのは残念なところ。

明治大つながりでいけば、鳥栖のSB森下龍矢も開幕戦からポジションをつかみ、今シーズン初勝利となった第8節のFC東京戦(3-2)ではJ1初ゴールを決めた。

Uー23日本代表の常連で、札幌入りした田中駿汰(大阪体育大)は、第4節からスタメンに定着すると、第5節の仙台戦(2-2)ではアディショナルタイムのJ1初ゴールでドローに貢献した。

こうして見ると、2020年シーズンは大卒ルーキーの当たり年と言えるかもしれない。その理由の1つとして、新型コロナによる春先の中断期間がチームに馴染む時間を与えたという声がある。あるいは、交代枠が5人に増えたことで起用される機会が広がったという意見だ。

それらも一理あるかもしれないが、中断期間中はグループトレーニングを禁止されていた時期もあった。また、起用されても結果を残せなければ出番は限られてくる。

それよりも、選手個々のポテンシャルが高いこと。それに加えて1年延期されたものの東京五輪に向けた強化が、彼らの成長を促したのではないだろうか。

2018年1月、中国で開催されたUー23アジア選手権にUー21日本代表として出場し、その後はパラグアイ遠征、トゥーロン国際大会を経て、ロシアW杯後はインドネシアでのアジア大会と年末のドバイカップに参加。年が開けた2019年はUー23アジア選手権予選に始まりトゥーロン国際大会、北中米遠征、キリンカップ、年末のEAFF E-1選手権で日本代表を経験した選手も含め、2020年1月はUー23アジア選手権と強化を重ねてきた。

その間、主力のほとんどはJリーグに所属する選手で、大学勢は少数派だった。しかし今シーズンは川崎Fの好調も含め、旗手と三笘の活躍は代表(の活動があれば)に呼ばざるを得ないだろうし、それは田中碧も同じだ。

来年、東京五輪が無事に開催されるかどうかは別にして、24歳以下に出場枠が拡がったこと、大学勢が卒業後のJリーグで頭角を現したことで、五輪代表はかつてないほど競争が激化している。もちろん中心選手はビジャレアルに移籍した久保建英になるだろうが、OA枠も含めてどんな18名になるのか。

競争は今後も続くだけに、大学勢といわずルーキーの台頭は大歓迎だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング