今日は何の日!8月28日は、韓国の至宝、ソン・フンミンがトッテナムに加入/2015年

超ワールドサッカー / 2020年8月28日 17時0分

写真:Getty Images

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日8月28日の出来事を振り返ってみよう。

今回ピックアップするのは、2015年8月28日。韓国代表FWソン・フンミンがレバークーゼンからトッテナムに移籍した日だ。



◆韓国生まれドイツ育ちのタレントがプレミアリーグへ
韓国で生まれ育ったソンは、2008年に大韓サッカー協会(KFA)の優秀選手海外留学プログラムでドイツのハンブルガーSV(HSV)のU-17チームに加入。ここで目覚ましい活躍を見せると、2010年にHSVに正式に移籍を果たした。

HSVでも活躍を見せると2013年夏にレバークーゼンに移籍。中心選手の1人として活躍し、3シーズンで公式戦78試合20ゴールを記録し、欧州の多くのクラブが注目するタレントとなった。

そして2015年の8月28日、アジア人選手史上最高額となる3000万ユーロ(現レートで約37億円)でトッテナムに加入した。

◆トッテナムでアジア最高の選手へと成長
ドイツでの活躍を経てプレミアリーグに上陸したソンは、加入初シーズンは40試合8ゴールとそこまでのインパクトは残せなかったものの、翌シーズン以降からコンスタントに2桁ゴールをマークし、チームにとって欠かせない存在へと成長。ここまで公式戦229試合85ゴールを記録している。

韓国人、そしてアジア人選手としての記録を多く塗り替える活躍を見せるソンは、ヨーロッパで最も活躍したアジア人選手の1人であり、今後の活躍にもますます期待がかかる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング