チェルシーがレンヌGKメンディ獲得迫る! 移籍金総額2500万ポンド前後に

超ワールドサッカー / 2020年9月8日 14時51分

写真:Getty Images

チェルシーがスタッド・レンヌに所属するセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(28)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ガーディアン』など複数メディアが報じている。

チェルシーはインセンティブを含めると、クラブ史上最高額となる移籍金でドイツ代表MFカイ・ハフェルツを獲得するなど、今夏の移籍市場で6人を獲得する超大型補強を敢行中。

そして、現在は今夏7人目の補強選手として予てより関心が伝えられるメンディ獲得に迫っているようだ。

フランク・ランパード監督がスペイン代表GKケパ・アリサバラガへの信頼を失っている中、新守護神候補として獲得を狙うのは、昨シーズンのリーグ・アンで24試合19失点の堅守を築いた、レンヌの守護神であるメンディ。

テクニカル兼パフォーマンスアドバイザーを務める元チェコ代表GKのペトル・チェフ氏の古巣で守護神を担う同選手の獲得に向け、チェルシーはすでに1500万ポンド(約20億9000万円)の1stオファーを掲示していたが、これは相手方に拒否されていた。

しかし、『ガーディアン』が伝えるところによれば、現在両者は1820万ポンド(約25億4000万円)の金額で合意に迫っているという。また、前述の交渉では各種インセンティブに関しても話し合われており、移籍金の総額は2500万ポンド(約34億9000万円)程度になるという。

また、『ガーディアン』以外でも『THE ATHLETIC』など幾つかのイギリスメディアが近日中の移籍成立をの可能性を報じており、メンディのロンドン行きは決定的な状況だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング