ベンフィカがまさかの敗退…ポルトガルキラーのPAOKに屈する《CL予選》

超ワールドサッカー / 2020年9月16日 5時23分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦、PAOKvsベンフィカが15日に行われ、2-1でPAOKが勝利した。

ジョルジェ・ジェズス監督が5季ぶりに復帰したベンフィカは、ブラジル代表FWエヴェルトンやベルギー代表DFヴェルトンゲン、ドイツ代表MFヴァイグルらがスタメンとなった。

そのベンフィカが仕掛ける展開となった中、まずは26分にターラブトのミドルシュートで初のオンターゲットを記録。その後もセフェロビッチのヘディングシュートでゴールに迫ると、30分にはピッツィの直接FKが左ポストに直撃した。

前半終盤の42分にはペドリーニョのミドルシュートが枠を捉えたが、ここはGKの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半もベンフィカが押し込むと、57分に決定機。ペドリーニョのパスを受けたエヴェルトンがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだが、ここもGKの好守に阻止された。

しかし63分、PAOKがワンチャンスを決めて先制する。スルーパスでボックス左ゴールライン際までえぐったアクポムの折り返しをギアンヌリスが押し込んだ。

さらに75分、PAOKが決定的な2点目を挙げる。カウンターに転じた流れからボックス右に侵入したジブコビッチが左足で蹴り込んだ。

結局、試合終了間際の追加タイムにラファ・シウバのヘディングシュートで1点差に詰め寄ったベンフィカだったが、1-2で敗戦。まさかの3回戦敗退となった。一方、勝利したPAOKは昨季のポルトに続き、ポルトガル勢を予選で撃破することとなった。

また、ヘントvsラピド・ウィーンは2-1でヘントが勝利している。予選3回戦残りの5試合は16日に行われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング