【ブンデス開幕節プレビュー】9連覇目指す欧州王者バイエルンが開幕戦に登場!堂安が鎌田&長谷部のフランクフルトと対戦

超ワールドサッカー / 2020年9月18日 18時0分

写真:Getty Images

6月末に閉幕した昨季はバイエルンの8連覇で決着し、そのバイエルンは8月に再開したチャンピオンズリーグ(CL)で見事7季ぶりの優勝を飾った。貫禄の強さを見せつけて欧州王者となったバイエルンが本日、2020-21シーズンのブンデスリーガ開幕戦に登場し、シャルケと対戦する。休養が十分ではない中、王者がどんなスタートを切るかに注目だ。新戦力のFWサネにも期待したい。

そのバイエルンと優勝を争うことが期待されるドルトムントは、DFBポカールで期待の新戦力MFベリンガムが早速ゴールを挙げ、最高の船出となった。開幕戦ではボルシアMGとの強豪対決となるが、FWハーランド、MFサンチョら若手のスターたちが揃うドルトムントが、ロケットスタートを切れるかに注目したい。

そして今季より、日本人3選手が新たにブンデス1部に参戦する。ビーレフェルトのMF堂安、シュツットガルトのMF遠藤航、ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太の3選手だ。開幕戦では彼らのプレーにも要注目したい。

まずは堂安。先週行われたDFBポカールでは先発でデビューを飾ったものの4部相手に見せ場を作れずチームも敗れてしまった。ほろ苦いデビューとなった中、ブンデス開幕戦ではMF長谷部とMF鎌田を擁するフランクフルトとの日本人対決に臨む。ドイツで結果を残している2人の前で堂安はインパクトを残せるか。

対するフランクフルトの2人は先週のDFBポカールでは鎌田が先発した中、順当に勝利を収めた。さほどチャンスに絡めなかった鎌田だったが、ブンデス開幕戦でゴールとなるか。ベンチを温めた長谷部は先発の可能性が高い中、堂安を抑える仕事が求められる。

シュツットガルトの1部復帰に貢献したMF遠藤航はDFBポカールのハンザ・ロストック戦ではフル出場。バックパスミスで失点に繋がりかねないプレーがあったが、チームは辛勝し2回戦へ勝ち上がった。堅実なプレーが持ち味の遠藤航は、フライブルクとのホーム戦で1部デビューが確実視される。

そして負傷の影響もあってベンチ外となった遠藤渓太は、アウグスブルクとのホーム戦を戦うが、戦列復帰となるか。また、昨季ブレーメンの残留に貢献したFW大迫は、DFBポカールに続きトップ下でのプレーが予想される中、ヘルタ・ベルリンとのホーム戦で幸先よくゴールを奪えるか。

◆ブンデスリーガ開幕節
▽9/18(金)
《27:30》
バイエルン vs シャルケ

▽9/19(土)
《22:30》
シュツットガルト vs フライブルク
フランクフルト vs ビーレフェルト
ウニオン・ベルリン vs アウグスブルク
ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン
ケルン vs ホッフェンハイム
《25:30》
ドルトムント vs ボルシアMG

▽9/20(日)
《22:30》
ライプツィヒ vs マインツ
《25:00》
ヴォルフスブルク vs レバークーゼン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング