【ブンデス第2節プレビュー】好発進のバイエルンとドルトムントは格下と対戦

超ワールドサッカー / 2020年9月25日 18時0分

写真:Getty Images

先週開幕したブンデスリーガでは王者バイエルンがシャルケに圧巻の8発で圧勝した。そしてドルトムントもボルシアMGとの強豪対決を3-0で快勝発進とし、ライプツィヒも白星スタートとしている。日本人対決ではフランクフルトのMF鎌田&長谷部、ビーレフェルトのMF堂安がそれぞれ先発した中、1-1の引き分けに終わった。迎える第2節、バイエルンとドルトムントは格下と対戦する。

ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むバイエルンは、開幕戦のシャルケ戦では新戦力のFWサネが躍動しデビュー弾を記録。FWニャブリもハットトリックをするなど、容赦ない攻撃で大量ゴールを挙げた。対戦相手のホッフェンハイムはケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしているが、バイエルンの連勝スタートは堅いか。

また、ドルトムントもFWハーランドのドッペルパック、MFレイナのブンデス初ゴールでボルシアMGに3-0の快勝を収めた。MFベリンガムもレイナのゴールをアシストするなど活躍し、若手が躍動。対戦相手のアウグスブルクは開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1で勝利しているが、ドルトムントとしても2連勝スタートを切りたいところだ。

FWヴェルナーの移籍した穴を感じさせずにマインツに3-1と快勝したライプツィヒは、レバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。2シャドーのMFフォルスベリとMFダニ・オルモが躍動した中、FWポウルセンもきっちりとゴールを挙げており、好発進を切った。レバークーゼンがヴォルフスブルク相手に低調なゴールレスドローに終わった中、ライプツィヒとしてはレバークーゼンを下して連勝スタートとしたい。

日本人ではビーレフェルトの堂安が鎌田と長谷部の前で好パフォーマンスを見せた。2週間前に行われたDFBポカールでは存在感を示せなかった堂安だったが、ブンデス開幕戦となったフランクフルト戦では右のインサイドMFの位置に入って攻撃の起点となる働きができていた。その堂安はケルンとのホーム戦に臨むが、今度はチームを勝利に導く目に見える結果を残せるかに注目だ。

一方で鎌田と長谷部はビーレフェルト戦では思うようなパフォーマンスを発揮できたとは言い難いものになってしまった。とりわけトップ下でプレーした鎌田に関してはさほどチャンスに絡めず悔しい開幕戦となっただけに金曜に行われるヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦で結果を残したいところ。長谷部に関してはFWピョンテクとのマッチアップでいかに相手に仕事をさせないかが重要となる。

ケガの影響もあってか、前半のみの出場となったブレーメンのFW大迫はシャルケとのアウェイ戦に臨む。ヘルタとの開幕戦で大迫は2トップの一角としてプレー。だが、シュートチャンスを作れずファンからの批判も浴びた中、ハーフタイムで交代となってしまった。対戦相手のシャルケはバイエルン戦で8発を食らい、最悪なスタートとなっているだけにブレーメンとしては確実に叩きたいところ。大迫としても批判を払しょくする今季初ゴールを狙いたい。

シュツットガルトのMF遠藤航は開幕戦のフライブルク戦ではボランチとしてプレー。だが、カウンター対応で甘さがあり、チームは2-3で敗れた。シュツットガルトは今節、マインツとのアウェイ戦に臨むが、残留を争う可能性がある相手だけに勝利をもぎ取りたい。

最後に負傷の影響で欠場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨むが、招集メンバー入りとなるか。

◆ブンデスリーガ第2節
▽9/25(金)
《27:30》
ヘルタ・ベルリンvsフランクフルト

▽9/26(土)
《22:30》
ビーレフェルトvsケルン
ボルシアMGvsウニオン・ベルリン
アウグスブルクvsドルトムント
レバークーゼンvsライプツィヒ
マインツvsシュツットガルト
《25:30》
シャルケvsブレーメン

▽9/27(日)
《22:30》
ホッフェンハイムvsバイエルン
《25:30》
フライブルクvsヴォルフスブルク

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング