ランパード、スパーズとのEFLカップに言及! ロフタス=チークのレンタル移籍も示唆

超ワールドサッカー / 2020年9月29日 17時48分

写真:Getty Images

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、EFLカップ(カラバオカップ)4回戦のトッテナム戦に向けた公式会見に出席した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

チェルシーは、先週行われたバーンズリーとの前ラウンドを6-0で圧勝し、4回戦に駒を進めた。そして、29日に行われる4回戦では、新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの一戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナムとのロンドン・ダービーに臨む。

敵地でのダービーに向けた公式会見の場でランパード監督は、3-3のドローに終わったプレミアリーグのWBA戦を振り返っている。

「(WBA戦のドローについて)明らかな個人のミスがあった。それを隠すことはできない。各自がそれを認めているし、我々はそれを受け止める必要がある。あの状況(試合終了間際)から1点を取れたのは良かったが、もちろんもっとほしかった」

「この前の試合が我々の実情を表したものではないと思うし、まだ参加していないプレーヤーもいるし、今後懸命に努力を続けていけば、間違いなく向上していくはずだ。それに、どんなプレミアリーグのチームにも課題はあるものだ」

また、最新のチームニュース、対戦相手のトッテナムについても言及。先週に加入が決定したセネガル代表GKエドゥアール・メンディのメンバー入りを認めている。

「メンディとチルウェルは明日のスカッドに入る。ツィエクとプリシッチの復帰は遠くないが、現時点では2人とも時期尚早だ。メンディに関してはチームによく馴染んでいるし、良いゴールキーパーだ」

「(スパーズについて)スパーズにとって非常に忙しい時期だということは理解している。しかし、彼らのスカッドをよく知っているし、彼らは素晴らしいスカッドを持っている。たとえ彼らがどんなチームで臨んできたとしても、非常に強いチームになるはずだ」

「(不戦勝での勝ち上がりに関して)個人的にレイトン・オリエントに同情しているが、残念ながら現状を考えれば、もし再延期となっていた場合、試合をする時間がなかったはずだ」

さらに、移籍市場閉幕まで約1週間となった中、退団が噂されるドイツ代表DFリュディガー、スペイン代表GKケパ・アリサバラガについて言及。両者の退団の可能性を否定した一方、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークに関してはレンタル移籍の可能性を認めている。

「ルベンとは非常にオープンな関係だし、先週も何度か話をした。今はリラックスしているが、ルベンにとって最善の道を見つけたいし、我々にとっても最善の道を見つけたいと思っている」

「我々は彼がチームに何をもたらしてくれるかを理解しているが、彼が試合に出ることを優先していることも理解している。そこに関して次の一週間で何をするかという部分で微妙なバランスだ。とにかく、我々は正しいと思うことをするつもりだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング