PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》

超ワールドサッカー / 2020年9月30日 6時11分

写真:Getty Images

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したトッテナムが準々決勝進出を決めた。

新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの3回戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナム。2日後にELグループステージ進出を懸けたマッカビ・ハイファとのプレーオフを控える中、1-1で引き分けたリーグ戦のニューカッスル戦からはGKロリス、ダイアーを除く先発9人を入れ替え。デビュー戦となったレギロンに加え、タンガンガ、ジェジソン・フェルナンデスが今季初出場となり、[3-5-2]の2トップにはラメラ、ベルフワインが並んだ。

一方、バーンズリーとの3回戦を6-0の圧勝で突破したチェルシーは、3-3のドローに終わったリーグ戦のWBA戦からマウント、コバチッチ、ヴェルナーを除く8人を変更。GKメンディがデビューを飾ったほか、チルウェル、ジルー、ハドソン=オドイらが起用され、最前線にジルー、2列目にハドソン=オドイ、マウント、ヴェルナーが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。

後方に重心を置くホームのトッテナムに対して、アウェイのチェルシーがボールを握って攻め手を窺う入りとなる。

中央を固める相手に対してなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないチェルシーだが、17分にはボックス内で相手のクリアミスに反応したハドソン=オドイが最初の枠内シュートを放つ。

すると、直後の19分には相手ビルドアップ時にレギロンにプレッシャーをかけたハドソン=オドイがボールを奪い、ショートカウンターに転じると、右サイド深くでアスピリクエタがマイナスの折り返しを入れる。これをボックス中央でワントラップしたヴェルナーがゴール右下隅に右足のシュートを突き刺し、待望の移籍後初ゴールを挙げた。

守備的に入りながらも先制を許したトッテナムだが、直後の23分に最初の決定機。浮き球の縦パスに反応したG・フェルナンデスがDFズマとうまく入れ替わってゴール前に抜け出す。ここで飛び出したGKメンディとズマに挟まれ倒されるが、ノーファウルの判定でPKは与えられず。

その後はダービーらしくファウルでプレーが途切れる中盤での潰し合いが目立つ展開となるが、35分にはトッテナムに再び決定機。ボックス右で横パスを受けたラメラが巧みなボディコントロールで前を向き、利き足とは逆の右足のグラウンダーシュート。だが、ここはGKメンディが右足を使った見事なセーブで阻止した。

結局、チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半も両チーム同じメンバーでスタート。70%以上ボールを握られた前半を受けて、前から圧力を強めたトッテナムは立ち上がりから相手ゴールに迫る。

50分、鋭いトランジションから右サイド深くに侵攻したオーリエからグラウンダーの折り返しが入ると、これに反応した左ウイングバックのレギロンがボックス左から左足を強振。だが、枠を捉えたシュートはGKメンディが見事な反応で阻止。さらに、53分にもベルフワインの抜け出しから最後はオーリエが左足のシュートを放つ。

一方、後半に入って防戦一方のチェルシーはビルドアップの停滞、球際での劣勢に加え、前線のターゲットマンであるジルーの存在感が希薄でほとんどフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、時間の経過と共に相手の攻撃に対応し始め、こう着状態に持ち込むことに成功した。

その後、後半半ばを過ぎて両ベンチが動く。ビハインドを追うトッテナムは60分過ぎにG・フェルナンデスに代えてホイビュルク、70分過ぎにタンガンガ、ベルフワインに代えてケイン、ルーカス・モウラを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。

対するチェルシーはコンディションを考慮されたチルウェルに代えてエメルソン、コバチッチ、ジルーに代えてカンテ、エイブラハムをピッチに送り出した。

すると、両チームの主力の投入によって試合はここから再び活性化。互いにボックス内でのシュートシーンを増やしていく。とりわけ、ここまで劣勢だったチェルシーは2バックに近い相手の最終ラインに対して、ジョルジーニョのミドルレンジのパスで背後を取れるようになり、ヴェルナーやハドソン=オドイに続けて決定機が訪れた。

しかし、均衡を破ったのはホームのトッテナム。83分、ハーフウェイライン付近でのリスタートからアルデルヴァイレルトが左サイド深くに抜け出したレギロンに対角上のフィードを通す。そして、カットインから右足に持ち替えたスペイン代表DFの浮き球のクロスをファーで収めたラメラが今度は利き足の左足で冷静に流し込んだ。

土壇場で1-1のタイに戻った中、両者は90分間で決着を付けようと、白熱の攻防を最後まで見せたが、このままタイムアップ。準決勝進出はPK戦に委ねられることになった。

そのPK戦では拮抗した試合内容を反映するように両チーム4人目まで全員が成功。しかし、5人目では先攻のトッテナムのケインがきっちり決めたのに対し、後攻のチェルシーはマウントがシュートを枠の右に外してしまい、勝負あり。超過密日程でメンバーを落としながらもしぶとい戦いぶりで勝ち切ったトッテナムが、ベスト8進出を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング