相模原MF上米良柊人が長野移籍 「全身全霊で頑張りたい」

超ワールドサッカー / 2020年9月30日 17時20分

AC長野パルセイロは30日、SC相模原に所属するMF上米良柊人(24)の完全移籍加入を発表した。背番号は「38」を着用する。

上米良は2019年に新潟医療福祉大学から相模原に加わり、プロキャリアをスタート。今季こそ明治安田生命J5リーグ5試合の出場にとどまったが、プロ1年目の昨季は32試合の出場で5得点を記録した。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆AC長野パルセイロ
「SC相模原から移籍してきました上米良柊人です。素晴らしいスタジアムと、熱いファン・サポーターの皆さんの前でプレーできるという事をとても嬉しく思います。いち早くチームに馴染んで、チームの勝利・J2昇格に向けて全身全霊で頑張りたいと思います。長野の皆さんよろしくお願いします」

◆SC相模原
「長野パルセイロに移籍することになりました。応援してくださったファン・サポーター皆さん、ユニホームやゲーフラを作ってくれた皆さん本当に申し訳ありません。しかし、自分がより一層成長できると思いこのような決断を下しました。みなさんには感謝しています。本当に1年半ありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング