DF岡崎慎がFC東京に復帰、清水に期限付き移籍し13試合に出場

超ワールドサッカー / 2020年10月1日 16時45分

写真:©︎J.LEAGUE

FC東京は1日、清水エスパルスへ期限付き移籍していたU-23日本代表DF岡崎慎(21)が復帰することを発表した。

なお、本人および両クラブ合意のもとでの早期復帰。背番号は昨シーズンもつけていた「29」となる。

岡崎はFC東京の下部組織出身で、2017年にトップチーム昇格。J1リーグでは通算12試合に出場。今シーズンから清水へ期限付き移籍し、J1で9試合、YBCルヴァンカップで3試合に出場していた。

しかし、岡崎は9月12日にホームで行われた第16節の鹿島アントラーズ戦で負傷。右ヒザ骨軟骨炎と診断され全治4週間と診断。その後は試合に出ていなかった。

期限付き移籍を早期で終了して復帰する岡崎は両クラブを通じてコメントしている。

◆FC東京
「このたび、清水エスパルスから復帰し、再び青赤のユニフォームを着て戦うことになりました。今回の経験を活かし、東京の勝利のために自分の持ってる力を最大限、発揮できればと思います。応援よろしくお願いします」

◆清水エスパルス
「短い期間でしたが、お世話になりました。個人的にはもっとチームの勝利に貢献したかったですが、何事にも変えがたい貴重な8ヶ月だったと思います。この経験を必ず今後のサッカー人生に活かしていきたいと思います」

「最後に、清水で出会い、お世話になったチームメイトや監督、スタッフ、温かく応援していただいたファン・サポーターの方々には本当に感謝しています。本当にありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング