さすがのゴール前の落ち着き!復活を期すサンチェスのインテル初ゴール【ファースト・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年10月1日 22時30分

写真:Getty Images

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回はチリ代表FWアレクシス・サンチェスがインテルで決めた最初のゴールだ。


ウディネーゼで頭角を現したサンチェスは、バルセロナやアーセナルで活躍。その後移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは、期待された活躍を見せられなかったものの、2019年夏から加入したインテルでは、復活の兆しを見せている。

今シーズンからはインテルに完全移籍を果たしたサンチェスだが、その記念すべきインテル初ゴールは、2019年9月28日に行われたセリエA第6節のサンプドリア戦で決めたゴールだった。

1-0とインテルが先制して迎えた22分、左サイドをDFクワドゥオ・アサモアが攻め上がる。ボックス左まで侵入したアサモアは、ボックスの前でフリーになっていたMFステファノ・センシにパス。これを受けたセンシがシュートを放つと、ゴール右で構えていたサンチェスへの絶妙なパスとなり、落ち着いて合わせサンチェスがインテル初ゴールを記録した。

このゴールでリードを2点に広げたインテルは、最終的に3-1で試合に勝利している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング