【ブンデス第3節プレビュー】格下にまさかの敗戦を喫したバイエルンとドルトムントのバウンスバックは!? 大迫vs堂安も

超ワールドサッカー / 2020年10月2日 18時0分

写真:Getty Images

前節は優勝を争うことが予想されるバイエルンとドルトムントが格下相手に早くも黒星を喫するまさかの結果となった。日本人ではフランクフルトのMF鎌田が2アシストを記録してチームの今季初勝利に貢献。シュツットガルトのMF遠藤航が2点を演出して同じくチームの初勝利に貢献している。そして2連敗スタートとなったシャルケがワグナー監督を、マインツのバイエルロルツァー監督がそれぞれ解任されている。迎える第3節、FW大迫のブレーメンとMF堂安のビーレフェルトによる日本人対決が開催される。

まずはホッフェンハイムに1-4の惨敗を喫したバイエルンから。日曜にヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むバイエルンは、ホッフェンハイム戦ではFWレヴァンドフスキを温存したことが響き、まさかの完敗となってしまった。公式戦無敗記録が32でストップした中、水曜に行われたドルトムントとのDFLスーパーカップでは3-2と打ち勝ってUEFAスーパーカップに続く今季2冠目とした。DFLスーパーカップで主力を投入したこともあり疲労面が気になるところだが、フランクフルトに完敗したヘルタを確実に下したい。

また、ドルトムントはアウグスブルクに0-2の完敗を喫した。こちらは主力を投入した中での敗戦ということでバイエルン以上にショックな黒星となったが、バイエルンがお付き合いしてくれたことは救い。そのドルトムントはフライブルクとのホーム戦に臨むが、若いチームはしっかりと切り替えることができるか。

そして土曜に行われるブレーメンvsビーレフェルトの日本人対決。開幕戦での低調なパフォーマンスが響いて前節は終盤の出場のみに終わった大迫。チームが快勝したことから引き続きベンチスタートが濃厚だが、途中出場でインパクトを残せるか。対する堂安は前節ケルン戦では見せ場を作れずに途中交代となってしまった。チームは自身が退いた後に決勝点が生まれて初勝利を飾ったが、堂安は3試合連続スタメンとなるか。

2アシストを記録した鎌田のフランクフルトは、バイエルンを撃破する金星を飾ったホッフェンハイムとのホーム戦に臨む。ゴールに繋がるプレーを早くも見せられた中、今後もコンスタントに得点に絡むプレーを期待したい。また、ヘルタ戦でも黒子に徹してチームの勝利に貢献した長谷部は引き続き最後尾からチームを統率できるか。

そしてマインツ戦で2点を演出した遠藤航のシュツットガルトはレバークーゼンをホームに迎える。強豪との対戦でも遠藤の強みである潰しと配球で存在感を示せるか。負傷で出て遅れているMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンは、監督交代のあったマインツと金曜にホーム戦を戦うが、メンバー入りとなるか。最後にレバークーゼンに引き分けたライプツィヒは同じく監督交代のあったシャルケとのアウェイ戦に臨む。

◆ブンデスリーガ第3節
▽10/2(金)
《27:30》
ウニオン・ベルリンvsマインツ

▽10/3(土)
《22:30》
ドルトムントvsフライブルク
フランクフルトvsホッフェンハイム
ケルンvsボルシアMG
シュツットガルトvsレバークーゼン
ブレーメンvsビーレフェルト
《25:30》
ライプツィヒvsシャルケ

▽10/4(日)
《22:30》
ヴォルフスブルクvsアウグスブルク
《25:00》
バイエルンvsヘルタ・ベルリン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング