アルゼンチンの名FWが魅せる!チェルシー時代のクレスポ決めた劇的後半AT弾!【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年10月2日 23時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元アルゼンチン代表FWエルナン・クレスポ氏がチェルシー時代に決めたゴールだ。


母国の強豪リーベル・プレートでのプロデビューを経て、イタリアへ渡ったクレスポ氏は、パルマやラツィオ、インテルなどで活躍。2003年夏にプレミアリーグのチェルシーに加入した。

チェルシーではイングランドサッカーへの適応に苦しみ、大きな活躍は叶わなかったものの、2005年8月14日に行われたプレミアリーグ開幕節のウィガン戦では、劇的なゴールでチームに勝利をもたらしている。

格下とされるウィガン相手に攻めあぐね、0-0のスコアが続く試合の中、90分に途中出場のクレスポが魅せる。

味方からのロングボールを前線で受けたクレスポは、細かいターンで相手との距離を取りつつスペースを得るとすかさずボックスの外からロングシュート。左足から放たれた強烈なシュートはゴール左上のサイドネットに一直線に突き刺さり、劇的なゴールが生まれた。

ホームのウィガンサポーターがスタンドで呆然とする中、対照的にクレスポはチームメイトともに喜びを爆発させた。このゴールが決勝点となり、チェルシーが1-0で開幕節を白星で飾っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング