9連勝の好調・福岡が山形FW山岸祐也を完全移籍で獲得「覚悟をもって福岡に行きたい」

超ワールドサッカー / 2020年10月6日 14時45分

写真:©︎J.LEAGUE

アビスパ福岡は6日、モンテディオ山形のFW山岸祐也(27)が完全移籍で加入することを発表した。

山岸は、流通経済大学から2016年にザスパクサツ群馬に入団。2018年にはFC岐阜、2019年に山形へ完全移籍していた。

これまでJ2リーグで6シーズンを戦い、通算159試合に出場し26得点を記録。今シーズンは、ここまで23試合に出場しキャリアハイの6ゴールを記録していた。

◆アビスパ福岡
「はじめまして。モンテディオ山形から移籍してきました山岸祐也です。J1昇格の為に全力で戦います。最後みんなで笑って終われるように頑張ります!一緒に戦ってください!宜しくお願いします!」

◆モンテディオ山形
「今、このタイミングで移籍をするのかどうか、本当に悩みました。そして、移籍するという決断をしましたが、そんな簡単に決められなかったですし、本当に悩んだのは事実です。しかし、移籍すると決めたからには、覚悟をもって福岡に行きたいと思います」

「この山形での1年間は本当に濃く、とても成長することが出来ました。どんな時も応援していただいたサポーターのみなさんからの愛をすごく感じました。本当に感謝しています。これからも少しでもいいので気にかけていただければ嬉しいです。ありがとうございました」

また、山形の相田健太郎代表取締役社長についてコメント。慰留したものの、移籍を認めることになったと経緯を明かした。

「我々は山岸祐也選手を貴重な戦力として、高く評価しておりました。今回の移籍の話があった際にクラブはシーズン最後までチームの一員として、共に戦い続けて欲しい旨を伝え、強く慰留しました。しかし、本人の意志が固く、今回の移籍に至りました」

「これからの山岸祐也選手の活躍を願うとともに、我々は成長を続けるべく、シーズン後半戦もチームの強化にあたってまいります」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング