大迫勇也同僚FWラシツァ、レバークーゼン移籍が土壇場で破談に

超ワールドサッカー / 2020年10月7日 15時16分

写真:Getty Images

レバークーゼン行きが目前に迫っていたブレーメンのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)だが、移籍市場閉幕直前の土壇場に破断となっていたようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

今夏にアストン・ビラやナポリも獲得に動いたと言われているラシツァ。2018年夏にブレーメンに加わり、昨シーズンは公式戦34試合で11ゴールをマークするなど主力として活躍していた。

予てより、ラシツァ本人はステップアップ希望を公言しており、財政面の問題を抱えるブレーメンも適切なオファーが届けば移籍を容認する構えを見せていた。

その中で移籍目前となっていたのが、昨季のブンデスリーガ5位のレバークーゼンだった。交渉は移籍市場最終日の5日に終盤を迎え、レンタル移籍で決着するかに思われていたが、買い取りオプションの移籍金で折り合いがつかず、土壇場になって破断に終わっていたようだ。

ラシツァも移籍が完了するものと信じていたため、急転直下の残留に動揺している模様。ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、同選手の心のケアのため1週間の休養を与えることを明かした。

「ここ数日はミロトにとって簡単ではなかった。何度も行ったり来たりして忙しなかった。そのため、彼がもう一度ブレーメンに集中出来る精神状態に戻すため、1週間の休暇を与えることにした。ミロトのクオリティは誰もが知っている。彼はこれから数カ月にわたって、我々にとって非常に重要な選手となるだろう」

なお、今季のラシツァはヒザのケガの影響でここまで未出場となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング