サンテチェンヌ、フリーのバロテッリにオファーも獲得失敗…

超ワールドサッカー / 2020年10月14日 14時23分

写真:Getty Images

サンテチェンヌが元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の獲得に動いたものの、交渉は破談に終わったようだ。フランス『レキップ』が報じている。

2019年夏にマルセイユから故郷のブレシアへと帰還したバロテッリ。昨シーズンはセリエAに昇格したチームの貴重な戦力として迎えられたが、リーグ戦19試合に出場し5ゴールの数字に留まっていた。

また、シーズン終盤にかけてはクラブとの確執により構想外に。加えて、ブレシアのセリエB降格に伴い、昨夏加入時の契約に盛り込んでいた契約延長オプションが無効となり、現在はフリーの状態となっている。

『レキップ』が伝えるところによれば、過去にニース、マルセイユで実績を持つバロテッリに対して、先日のナントに続きサンテチェンヌが今回オファーを掲示したという。

その中身は月給10万ユーロ(約1240万円)に各種インセンティブを加えた9カ月契約という、サンテチェンヌにとってはまずまずの条件を掲示したが、これを拒否されたようだ。

なお、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏によると、今回オファーを拒否した理由に関しては金銭的な条件面の問題ではなく、現在バロテッリがフットボールをプレーするのに適した状態ではないことが理由だという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング