インテルの芸術的な崩しからスタンコビッチが強烈ミドルを叩き込む!【チーム・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年10月18日 21時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏がインテル時代に決めたゴールだ。


母国セルビアの強豪ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたスタンコビッチ氏は、1998年に加入したラツィオでブレイク。2004年1月にはインテルに移籍し、多くのタイトルを勝ち取った。

パス、シュート、ドリブルとどれをとっても高いスキルを持っていたスタンコビッチ氏だが、2008年12月14日に行われたセリエA第16節のキエーボ戦では、見事な連携から美しいゴールを決めている。

前半にインテルが先制し、1-0とリードして迎えた47分、右サイドでボールを持ったDFマイコンがFWビクトル・オビンナとスタンコビッチとの華麗なワンタッチパスの応酬から右サイドを崩す。中央のFWズラタン・イブラヒモビッチにクロスを上げると、これをイブラヒモビッチが右足のアウトサイドで絶妙の落としをスタンコビッチに送る。後方から走り込んだスタンコビッチは、ボックスの際から左足で強烈なシュートをゴール左下に叩きこみ、美しい崩しから追加点を奪った。

その後反撃を許し、一時は2-2と追いつかれたインテルだったが、勝ち越しに成功し、4-2で勝利している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング