ベイル再デビューのスパーズ、前半にケイン&ソン躍動も最終盤の連続3失点でハマーズに痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2020年10月19日 2時42分

写真:Getty Images

プレミアリーグ第5節、トッテナムとウェストハムによるロンドン・ダービーが18日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。

インターナショナルマッチウィーク前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦を6-1の圧勝で飾り、9月中旬からの超過密日程を最高の形で締めくくったトッテナム。さらに、今月16日にはスウォンジーからウェールズ代表DFロドンを獲得し、今夏7人目の新戦力を迎え入れ、充実の移籍市場を終えた。

そして、今季初のリーグ連勝を狙う代表戦明けの今節ではウォルバーハンプトン、レスター・シティを相手に連勝を飾るなど、調子を上げるウェストハムとのダービーに臨んだ。ユナイテッド戦からは先発2人を変更。負傷のダイアー、ラメラに代えてアルデルヴァイレルト、ベルフワインが起用され、注目のベイルは同じく新戦力のカルロス・ヴィニシウスと共に初のベンチ入りを果たした。

戦前は好調同士による拮抗したダービーが予想されていたが、蓋を開けてみれば、ホームチームの独壇場となる。開始45秒、自陣深くで相手のハイプレスをかいくぐったトッテナムは、エンドンベレの横パスを受けたケインが前線で相手の背後を狙っていたソン・フンミンへ見事なミドルレンジのスルーパスを通す。これを受けた韓国代表FWはボックス左からのコントロールシュートを右隅に流し込み、電光石火の先制点とした。

これで勢いづくトッテナムは8分、ケインを起点としたカウンターからボックス左でこぼれ球を拾ったソン・フンミンがキープしてケインの足元へ短いパス。ペナルティアーク付近でボールを受けた背番号10は細かいタッチでライスの股を抜きシュートコースを作ると、GKファビアンスキが反応すらできないニア下を抜く右足のシュートを突き刺す。

さらに、16分にはホイビュルク、ソン・フンミンと繋いで左サイド深くに抜け出したレギロンにボールが渡ると、ファーでボールを呼び込むケインへ絶妙な浮き球のクロスが供給され、これをエースが難なく頭で流し込んだ。

今シーズンに入ってより破壊力を増すケインとソン・フンミンのコンビで、わずか15分あまりで3点を奪う余裕の展開となったトッテナム。その後はゲームコントロールを優先した戦い方にシフトしつつも、鋭いカウンターは健在。エンドンベレの絶妙なスルーパスに抜け出したオーリエからの際どい折り返し、3トップ揃い踏みといきたいベルフワインも果敢にゴールを目指す。

一方、難敵相手の連勝の勢いをもって試合に入ったものの、苦しい状況が続くウェストハムは、好調のアントニオ、フォルナルス、ボーエンのアタッキングユニットがなかなか仕事できない。前半終了間際にはボックス付近でコウファルが豪快に右足を振り抜くが、これもケインの身体を張ったブロックに阻まれた。

ハーフタイムにモイーズ監督から激しい檄が飛んだか、後半立ち上がりはウェストハムが良い入りを見せる。相手のカウンターを恐れず、人数をかけた攻撃から50分にはアントニオの強烈なシュートのディフレクトに反応したフォルナルスに絶好機も、ゴール至近距離からのヘディングをふかしてしまう。

序盤のハマーズの猛攻を何とか凌いだトッテナムは後半も15分を過ぎて反撃を開始。カウンターでケインらが4点目に迫り、攻勢に出たアウェイチームを徐々に押し下げることに成功した。

その後、この試合で最も注目を集める存在となっていたベイルに出番が訪れる。72分、ベルフワインとの交代となったウェールズ代表MFは2013年5月以来となるスパーズの一員としてプレミアリーグのピッチに立った。そして、ファーストプレーではボックス手前右やや距離のある位置からの直接FKを枠に飛ばす挨拶代わりのシュートも見せた。

右ウイングの位置でケイン、ソン・フンミンとの絡みに注目が集まったが、試合は終盤にかけて思わぬ展開に。

後半立ち上がり以降、ほとんど攻撃の形を作れずにいたウェストハムだが、82分に相手陣内左サイドで得たクレスウェルのFKからバルブエナのヘディングゴールで1点を返すと、そのわずか3分後には右サイド深くでコウファルが入れた高速クロスがDFサンチェスのオウンゴールを誘い、瞬く間に1点差に詰め寄る。
これで一気にダービーの熱気が戻ってくると、92分にはベイルに大きな見せ場が訪れる。ロングカウンターからボックス手前でケインからパスを受けたベイルは絶妙なタッチでDFをかわしてゴール前に抜け出すが、肝心のシュートは枠の右に外れる。

すると、この決定機を逃したトッテナムは試合終了間際の94分に1失点目とほぼ同じ位置で与えたFKの流れから、クレスウェルのクロスボールは何とか撥ね返すも、ウィンクスの短くなったクリアをペナルティアーク付近のランシーニに右足で豪快に振り抜かれる。この強烈なシュートがGKロリスの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まり、ラストプレーで同点に追いつかれた。

そして、前半最初の16分間にトッテナム、後半最後の12分間にウェストハムに3点ずつが生まれた白熱のダービーは3-3のドロー決着。3点差を追いつかれての痛恨ドローとなったトッテナムは、ベイルの再デビュー戦を白星で飾ることはできなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング