遠藤渓太が終了間際に出場のウニオン、不振シャルケにドロー《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2020年10月19日 2時55分

写真:Getty Images

ウニオン・ベルリンは18日、ブンデスリーガ第4節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ウニオン・ベルリンの遠藤渓太は92分から出場している。

前節マインツ戦でブンデスデビューを飾った遠藤が2試合連続でベンチスタートとなった一戦。

開幕3連敗スタートの泥沼シャルケに対し、カウンターを狙う展開としたウニオンは、21分にチャンス。CKの流れからアンドリッヒのボレーシュートが枠を捉えたが、GKレノウの好守に阻まれた。

ハーフタイムにかけてはウニオンがポゼッションを高めた中、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、55分にウニオンが試合を動かす。CKの流れからトリメルの右クロスをM・フリードリッヒが頭で合わせた。

しかし69分、CKからパシエンシアのヘディングシュートでウニオンは同点とされてしまう。

終盤にかけては互いに決め手を欠いた中、時間が経過。追加タイム2分に遠藤が投入されたものの、直後にタイムアップを迎え、ウニオンは勝ち点1獲得にとどまった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング