ユーベの宝石、ディバラが決めた惚れ惚れするようなコントロールミドル【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年10月20日 19時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたゴールだ。


若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。

今ではエースとしてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2016年3月11日に行われた、セリエA第29節のサッスオーロ戦では、美しいゴールで勝利に貢献している。

0-0で迎えた36分、最終ラインからのボールをハーフウェイラインで受けたMFフアン・クアドラードがディバラとの鮮やかなワンツーを決め、右サイドを突破する。相手のプレッシャーをものともしないスピードを見せたクアドラードがそのままボックス右まで侵入すると、ボックスの手前に引いてフリーになっていたディバラにパスを送る。

ボールを足下に収めたディバラはコンパクトな振りからミドルシュートを放つと、左足から放たれたシュートは美しい弧を描き、GKのリーチを避けるように変化しながらゴール左上の完璧なコースに決まった。

ディバラの美しいゴールで先制したユベントス。これがこの試合唯一の得点となり、ユベントスが1-0で勝利している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング