決勝ゴールのラッシュフォード、PSG撃破に満足感「常にチームを信じている」

超ワールドサッカー / 2020年10月21日 10時25分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、パリ・サンジェルマン(PSG)撃破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

ユナイテッドは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦で昨季ファイナリストのPSGと対戦。23分にMFブルーノ・フェルナンデスのPKで先制に成功したが、55分にFWアントニー・マルシャルのオウンゴールで同点に。それでも試合終了間際の87分にラッシュフォードが勝ち越しゴールを決めて、2-1の勝利を収めた。

試合後、決勝点を挙げてユナイテッドを白星発進に導いたラッシュフォードは「監督は今日、勝利するための戦術を見つけられたと思う」と[3-5-2]の布陣で臨んだオーレ・グンナー・スールシャール監督の采配に触れ、「良いパフォーマンス」だと結果に満足感を示した。

「このシステム(3-5-2の布陣)で僕たちは前に向かっていけ、守備もタイトにやれていた。僕たちができる限りのことをしたと思う。もちろん改善するべき点もたくさんあるよ。これは大きな勝利で、完璧なポジションにいると思う」

「今日は良いパフォーマンスだったし、僕らが築き上げてきたものだ。常にチームを信じているよ。選手として、監督が僕らにプレーして貰いたいシステムを信じることが大切だ。今日の僕たちは素晴らしかったね」

また、DFアレックス・テレスや、DFアーロン・ワン=ビサカなどウイングバックの奮闘をPSG撃破の要因として挙げ、こう述べている。

「難しい時間も時々あって、対応が遅れてしまった。さっきも言ったけど、僕たちはインテンシティを高く保った。深い位置で守らなければいけない時もあった。彼らにはネイマール、(キリアン・)ムバッペ、(アンヘル・)ディ・マリアと信じられないほどの選手がいる。前線でボールを扱える選手だ」

「低いラインでは難しかったかもしれないが、サイドバックが信じられないほど守ってくれた。マンツーマンで守れば、素晴らしいことをできる」

PSGに勝利したユナイテッドは今後、プレミアリーグでチェルシーやアーセナルと強豪との対戦が続く。しかし、ラッシュフォードは「良い感じだ」と手応えを語り、この試合内容を継続する必要があると述べた。

「重要なのは、僕らが試合に勝利したこと。結局、グループ内で強い立場にいる。これは初戦。今日見せた集中力とインテンシティはプレミアリーグの次の試合でも披露する必要がある」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング