今治DF原田亘が左足関節じん帯損傷… 全治は約3~4週間の見通し

超ワールドサッカー / 2020年10月21日 14時20分

FC今治は21日、DF原田亘の負傷を報告した。

クラブによると、原田は18日に行われた明治安田生命J3リーグ第22節のアスルクラロ沼津戦で負傷し、左足関節じん帯損傷と診断。全治に3~4週間程度を要する見込みとのことだ。

2019年に今治へ加入した原田は昨シーズンの日本フットボールリーグ(JFL)で30試合4得点の成績を収め、クラブのJリーグ初参戦に貢献。今シーズンはここまでの明治安田J3で21試合出場し1得点をマークしていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング