【J1注目プレビュー|第24節:G大阪vs柏】進撃のガンバ、今季2戦2敗のレイソルに“3度目の正直”なるか

超ワールドサッカー / 2020年10月24日 12時15分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第24節】
2020年10月24日(土)
16:00キックオフ
ガンバ大阪(4位/45pt) vs 柏レイソル(8位/37pt)
[パナソニック スタジアム 吹田]

◆3度目の正直なるか【ガンバ大阪】
前節は大分トリニータのホームに乗り込み、途中出場の宇佐美貴史→パトリックのホットラインから生まれた決勝ゴールで1-0の勝利。これで引き分けを挟み、9月中旬の秋口から7連勝中と着実に勝ち点を積み上げ、上位勢より試合数が少ないにもかかわらず、来季のACL出場圏内3位に肉薄のところまで迫っている。

そうした進撃は磐石なものではないが、ここ8試合は安定した守りを際立たせ、4試合が無失点。残り4試合もすべて1失点に抑え込む。勝利した7試合のうち実に6試合は1点差。三浦弦太をはじめ、数名の故障者もいるが、J屈指のタレント力を生かしながら、勝負どころで攻守の歯車がかみ合い、勝負強さが光っている。

ホーム連戦の初戦となる今節は柏が相手。今季はルヴァンカップとリーグ戦で対戦しているが、オルンガと江坂任に2ゴールずつを許して、すべて敗北。しかも、G大阪の攻撃陣はいずれも柏守備陣に完封され、あまり良い印象がない対戦カードとなる。勝てば昨季の年間勝ち点47を上回るが、3度目の正直なるか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢
MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、倉田秋
FW:パトリック、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖

◆仕切り直しなるか【柏レイソル】
前節は湘南ベルマーレのホームに乗り込み、2-3の敗戦。開始早々に先制を許したなか、オルンガや古巣戦だった神谷優太のゴールで逆転したが、終盤に追い上げを許して、ACL出場権が遠のく1敗を喫した。ただ、上位勢は試合消化数が多い状況。いかに勝利という形で素早く立ち直れるかが大事になってくる。

今節のG大阪戦は良いイメージが残る相手でもあるだけに、仕切り直しの一戦にしたいところだ。そんなG大阪との前回対戦はホームの柏が3-0で快勝。現在のG大阪は当時と異なる姿、勢いにあるが、ACL出場権を獲得するのであれば、勝ち点8差の相手との直接対決でもあるだけに、何としてでも叩いておきたい。

ただ、守りの部分に不安を残す。G大阪が無敗を継続する直近8試合でみると、13失点。そのうちの4試合で複数失点している。その間に14得点を奪う攻撃面はさすがの破壊力だけに、守りの部分を修正して今節に挑みたい。今季19試合出場の三原雅俊が出場停止の今節だが、お得意のG大阪を相手に勝利なるか。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:キム・スンギュ
DF:北爪健吾、大南拓磨、古賀太陽、三丸拡
MF:ヒシャルジソン、大谷秀和
MF:クリスティアーノ、江坂任、神谷優太
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング