【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs横浜FM】大型連戦明けの東京と上位に食らいつきたい横浜FM、ストロングポイントを出せるのは

超ワールドサッカー / 2020年10月24日 12時20分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第28節】
2020年10月24日(土)
15:00キックオフ
FC東京(3位/47pt) vs 横浜F・マリノス(7位/41pt)
[味の素スタジアム]

◆必殺カウンターでしたたかに勝てるか【FC東京】

前節は1週間前、アウェイで横浜FCと対戦し1-0で敗れた。

8月から続いていた19連戦が終了。ミッドウィークに試合がない週を久々に過ごし、激戦を戦い続けた選手たちにとっては束の間の休息となったに違いない。

試合を振り返り修正することもままならなかったなか、首位の川崎フロンターレには離される形となったが、上位を守り続けてきたことはチームとして自信になっているはずだ。

この先にはYBCルヴァンカップの決勝、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えており、チームとしては本当に束の間の休息に。今一度スタートを切るための良い期間になったはずだ、

横浜FMは相性も悪くなく、今季は第4節で1-3とアウェイで勝利。ハイラインの裏を突くカウンターでしっかりとチャンスを仕留めていきたい。

チームとしてはこの先待ち受ける戦いに向けても、ここでシーズン初の連敗を喫するわけにはいかない。良い形でリスタートしたいところだろう。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:林彰洋
DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:三田啓貴、アルトゥール・シルバ、安部柊斗、田川亨介
FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑
監督:長谷川健太
出場停止:レアンドロ、ジョアン・オマリ

◆可変システムで相手を撹乱させ連勝を【横浜F・マリノス】

前節はホームに名古屋グランパスを迎えしっかりと2-1で勝利。連覇が消滅した後の試合でしっかりとバウンスバックを見せた。

名古屋戦では終始押し込む展開を見せ、久々先発のMF天野純や左サイドで起用されたDF小池龍太らが躍動して見せた。

これまで突き詰めてきたスタイルを守りつつ、システムを大きく変えて連戦を戦っている横浜FM。もう一段上のレベルに行くためには、やはり結果を出し続けるしかない。

選手とシステムを入れ替えてもなお結果を残し続けられるか。来シーズンのACL出場のためにも上位対決は負けられない。

★予想スタメン[4-3-2-1]
GK:朴一圭
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏
MF:エリキ、マルコス・ジュニオール
FW:ジュニオール・サントス
監督:アンジェ・ポステコグルー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング