【J1注目プレビュー|第24節:浦和vsC大阪】浦和のケチャップは出続けるか? C大阪は2位死守へ

超ワールドサッカー / 2020年10月24日 12時45分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第24節】
2020年10月24日(土)
17:00キックオフ
浦和レッズ(9位/37pt) vs セレッソ大阪(2位/48pt)
[埼玉スタジアム2002]

◆ホームで連勝へ、ケチャップは残っているか【浦和レッズ】

前節はホームにベガルタ仙台を迎えて6-0と圧勝。ホームでは実に8月29日の大分トリニータ戦以来6試合ぶりの白星となった。

この試合では立ち上がりから積極的なプレーを見せると8分に鮮やかな連携から長澤和輝が先制点。その後は“仙台キラー”の興梠慎三が2ゴール、途中出場のレオナルドが2ゴールを挙げるなど、大量6ゴールを奪った。

直近7試合で4ゴールしか奪えなかった浦和は、まさに詰まっていたケチャップが出た状況。その勢いを、今節もホームで見せられるか、真価が問われる試合となる。

チーム状態は上向いているが、この先は上位との試合やアウェイ4連戦など険しい道が続く。浦和の意地を見せるためにも、ここで上位を叩いておきたいところだ。

ポイントとなるのは中盤での守備からのショートカウンター。高いポゼッションを誇るC大阪のパス回しをどこで奪っていくのか、連動した動きが勝敗を分けるだろう。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔
MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也
FW:武藤雄樹、興梠慎三
監督:大槻毅

◆まずは良い守備から、2位を死守へ【セレッソ大阪】

前節は1週間前、ホームに横浜F・マリノスを迎えて4-1と快勝を収めたC大阪。奥埜博亮、豊川雄太が効率よく2点ずつ決めて勝利した。

一時は5試合で1勝4敗と一気に調子を落とし、気がつけば首位の川崎フロンターレははるか遠い存在に。優勝争いよりも、2位を死守することから考えなくてはいけなくなってしまった。

それでもチームの状態は上向き。ホームで連勝を収めただけに、ここでもう一度勝ちグセをつけたいところだ。

ポイントは持ち味である堅い守備から、効果的な攻撃を仕掛けられるかどうか。良い守備でペースを掴んで、一気に攻撃に転じたいところ。浦和守備の隙をしっかりと突いていきたい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣
FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング