チェルシーの新守護神メンディ、先輩チェフに続く2人目の記録を達成!

超ワールドサッカー / 2020年10月26日 13時55分

写真:Getty Images

チェルシー加入から早くも大活躍中のセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、クラブの歴史に名を残す記録を達成した。

今夏にスタッド・レンヌから2200万ポンド(約30億円)の移籍金で加入したメンディ。絶対的守護神不在のチェルシーが数ある選択肢の中から選び抜いた選手だが、期待に違わぬ活躍を披露している。

プレミアリーグデビューとなった今月3日のクリスタル・パレス戦でクリーンシートを飾ると、先日24日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの大一番では、敵地オールド・トラフォードでビッグセーブを連発した。

35分に訪れた決定的なピンチでは、FWマーカス・ラッシュフォードのシュートを右足でセーブ。41分にも古巣対決のMFフアン・マタに枠内シュートを許したが、素早い反応で弾き出す。さらに終盤の91分には再びラッシュフォードの鋭いシュートに見舞われるが、見事な横っ飛びで完封。勝利はできなかったもののMVP級の活躍だった。

ここまでプレミアリーグを2試合戦い、立て続けにクリーンシートを達成したが、チェルシーにおいて2人目の記録。1人目は2004年に加入した元チェコ代表GKペトル・チェフ。最近ではリーグ戦のスカッドに登録されて話題に上ったが、この2人はレンヌから加入という共通点を持っている。

チェルシーの歴代GKの中でナンバーワンの呼び声が高いチェフと何かと縁を感じるメンディ。フランク・ランパード監督は現時点での正GKと認めているが、果たしてチェフのような偉大な選手になることは出来るだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング