ミランvsローマは壮絶ドロー! イブラ3戦連続ドッピエッタも3度のリード守り切れず開幕5連勝ならず…《セリエA》

超ワールドサッカー / 2020年10月27日 7時2分

写真:Getty Images

セリエA第5節、ミランvsローマが26日にサンシーロで行われ、3-3のドローに終わった。

前節、インテルとのダービーを2-1で制したセリエA開幕4連勝の首位ミランは、23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦のセルティック戦も3-1で勝利。今年6月半ばのコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦以降、21戦無敗(16勝5分け)と圧倒的な強さを示している。

開幕5連勝を目指す今回のビッグマッチでは、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された守護神のドンナルンマがハウゲと共に招集外となり、今季新加入のGKタタルサヌがデビューを飾ったものの、フィールドプレーヤーはインテル戦と同じメンバーが起用された。

一方、フォンセカ体制2年目となった今季のローマは、選手登録違反によってヴェローナとの開幕節を0-3の敗戦扱い(実際の試合は0-0)となる最悪の船出となった。だが、以降はユベントスにドロー、ウディネーゼ、ベネヴェントに連勝を飾り、直近のELヤング・ボーイズ戦も一部主力を温存した中、2-1で逆転勝利を収めている。首位チームとのアウェイゲームではシステムを[3-4-2-1]に戻して、前線にはジェコとムヒタリアン、ペドロが並んだ。

マンデーナイト開催の注目のビッグマッチは開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドで仕掛けたレオンが左足でクロスを入れると、DFクンブラがクリアし切れずにファーに流れたボールを、飛び出したGKミランテの手前で長い足を伸ばして触ったイブラヒモビッチが流し込んだ。

イブラヒモビッチの2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったミランは、その後もリズム良くボールを動かしながら追加点を狙っていく。

一方、ローマも左サイドのムヒタリアンを起点に徐々に相手陣内深くに侵攻すると、こちらも頼れる主砲が仕事を果たす。14分、右CKの場面でキッカーのペッレグリーニが右足インスウィングの浮き球のボールを入れると、飛び出したGKタタルサヌが触れずにファーへ流れたところをDFロマニョーリに競り勝ったジェコが頭で合わせ、こちらも2試合連続ゴールとした。

両主砲のゴールで振り出しに戻った試合は、ここから睨み合いの状況がしばらく続いていく。だが、前半半ばを過ぎて互いに2点目に迫る場面を作り出す。まずは28分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のテオ・エルナンデスが左足で際どいシュートを放つと、その直後にもチャルハノールの正確なプレースキックに合わせたロマニョーリ、ケアーのセンターバックコンビが決定的なヘディングシュートを放つが、GKミランテの好守と右ポストに阻まれる。

一方のローマは30分過ぎにイバニェス、ペッレグリーニが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKタタルサヌの好セーブに阻まれた。

その後、前半終了間際の43分にはイブラヒモビッチが身体を張って得たペナルティアーク付近のFKから名手・チャルハノールが壁の間を抜く強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKミランテの好守に遭い、前半は1-1で終了を迎えた。
後半も引き続き拮抗した展開が予想されたが、前半同様に勢いを持った入りを見せたホームチームが電光石火のゴールを奪う。47分、左サイドをドリブルで突破したレオンが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたサレマーカーズが右足のワンタッチでニアを射抜いた。

前半の反省を生かせずにまたしても立ち上がりの失点となったローマはすぐさま反撃を開始。52分、自陣から長い距離を持ち上がったペドロから縦パスを受けた左サイドのムヒタリアンが正確な折り返しを入れる。これをボックス右に抜け出したジェコが右足インサイドのダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。

その後は連戦の疲労を感じさせる行ったり来たりのオープンな展開が続く中、試合の主役の座はジャコメッリ主審に移っていく。69分にはボックス内でムヒタリアンのシュートのこぼれ球に反応したペドロとベナセルが交錯。一見すると、ペドロのファウルのように見えたものの、ここでVARの介入もなく即PK判定が下される。これをキッカーのヴェレトゥが決めた。

この微妙な判定にミラン陣営の不満が募り、試合は徐々に荒れ模様の様相を見せるが、今度はミランにお返しのような判定が下される。78分、ボックス内でルーズボールに反応したチャルハノールとDFマンチーニの微妙な接触でPKが与えられる。

これをキッカーのイブラヒモビッチがきっちり決め切って出場3試合連続でのドッピエッタ達成で得点ランキングトップの6ゴールに到達した。

この3点目で勝負ありかに思われたが、ローマが驚異の粘りを見せる。84分、左CKの場面でキッカーのヴェレトゥの鋭いボールがニアのイブラヒモビッチに当たってファーに流れると、これに反応したクンブラが見事な右足ボレーで流し込み、決勝点を決めたヤング・ボーイズ戦に続く2試合連続ゴールとした。

これで一気にわからなくなった試合は最後まで白熱の展開を見せるが、試合終盤にミランに訪れたセットプレーの決定機ではケシエのヘディングがGKミランテに、ラストプレーのロマニョーリのヘディングは枠のわずか右に外れ、このままタイムアップ。

壮絶な打ち合いとなったミランとローマのビッグマッチは3-3のドローに終わり、3度のリードを守り切れなかったミランは公式戦無敗を22試合に更新も、開幕5連勝を逃がす結果となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング