【CLグループ第2節プレビュー②】ユーベvsバルサのビッグマッチ開催!

超ワールドサッカー / 2020年10月28日 17時0分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節の8試合が28日に開催される。ここではE~Hの第2節のマッチプレビューを紹介していく。

◆グループE:4チームが初勝利を目指す

Getty Images

《26:55》
FCクラスノダールvsチェルシー
《29:00》
セビージャvsレンヌ

突破候補のチェルシーとセビージャが勝ち点1を分け合い、レンヌとFCクラスノダールも引き分けに終わったグループE。迎える第2節では初勝利を懸けて4チームが激突する。

ホームでセビージャにゴールレスドローに終わったチェルシー。負けられない気持ちが先行する内容となった中、クラスノダールとのアウェイ戦は勝ちにいきたい一戦となる。直近のマンチェスター・ユナイテッド戦でも守備から入った中、ゴールレスドローに終わったチェルシーは、リスクを負ってゴールを奪いに行けるか。ランパード監督の手綱捌きに注目だ。

セビージャはラ・リーガでは格下相手にここ2試合連敗と躓いている。直近のエイバル戦では終盤の猛攻虚しく0-1の逃げ切りを許したが、同じく公式戦4試合勝ちのない(3分け1敗)レンヌをサンチェス・ピスファンに迎え、流れを変える勝利を掴めるか。

◆グループF:黒星スタートのドルトムントとゼニトが対戦
Getty Images

《29:00》
ドルトムントvsゼニト
クラブ・ブルージュvsラツィオ

首位通過の本命であると思われたドルトムントがラツィオに敗れたグループF。また、グループ最弱と見られたクラブ・ブルージュがアウェイでのゼニト戦で勝利をもぎ取っている。迎える第2節は黒星スタートとなったドルトムントとゼニトが対戦する。

ラツィオ戦では相手のカウンターにハマり、1-3と完敗したドルトムント。まずい試合を見せてしまったが、直近のシャルケとのレヴィア・ダービーでは4バックに変更した中で勝利を取り戻し、ブンデスリーガでは4勝1敗と好スタートを切った。突破のためには確実に勝利が求められる中、今季もさすがの得点力を発揮しているFWハーランドの活躍に期待が懸かる。

12シーズンぶりのCL出場でドルトムント相手に勝利を飾ったラツィオは、クラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨む。グループの本命相手に実力を出し切れたチームは、直近のボローニャ戦では後半に反撃に転じ、2-1と逆転勝利を飾った。こちらもエースのFWインモービレが得点をコンスタントに重ね、公式戦連勝と勢いに乗れそうな中、クラブ・ブルージュを下して2連勝スタートとなるか。

◆グループG:本命の2強が激突!
Getty Images

《29:00》
ユベントスvsバルセロナ
フェレンツヴァーロシュvsディナモ・キエフ

グループGの開幕節では本命の2強が順当に白星スタートを切った。その2強が第2節で激突する。

ディナモ・キエフとの開幕節では内容が芳しくないながらFWモラタの2ゴールで辛勝したユベントス。ただ、セリエAでは格下相手にここ2試合引き分けと躓いている。直近のヴェローナ戦ではFWディバラの先発復帰で攻撃面が大幅に改善したが、VARにも泣いて勝ち切るには至らなかった。ピルロ新監督への風当たりが益々強くなっている中、引き続きFWロナウドをコロナで欠き、さらにDFボヌッチが負傷と流れが悪いが、急造バックラインでFWメッシを止めることができるか。

一方、開幕節を5発圧勝してフェレンツヴァーロシュとの格の違いを見せつけたバルセロナだったが、レアル・マドリーとのクラシコでは疑惑のPK判定も響いて、ラ・リーガでは2連敗となった。こちらもクーマン監督への風当たりが強くなりそうな中、クラシコでは攻撃を牽引していたMFコウチーニョが負傷し欠場が濃厚。メッシは当然ながら、リーガで早くも4ゴールを挙げているFWアンス・ファティの活躍に期待だ。

今夏の移籍市場でトレードの形となったMFピャニッチとMFアルトゥールの出場があれば、彼らのプレーにも要注目だ。

◆グループH:PSG下したユナイテッドがライプツィヒと対戦
Getty Images

《26:55》
イスタンブールBBSKvsパリ・サンジェルマン
《29:00》
マンチェスター・ユナイテッドvsライプツィヒ

グループHの開幕節ではPSGとユナイテッドが対戦し、ユナイテッドが終盤のFWラッシュフォード弾で2-1と競り勝った。大きな勝利を手にしたユナイテッドが第2節で昨季ベスト4のライプツィヒをオールド・トラフォードに迎える。

PSGを下す好スタートを切ったユナイテッドはプレミアリーグでは直近のチェルシー戦では優勢に試合を進めた中、相手GKメンディの好守もあって0-0で引き分けた。FWカバーニもデビューを果たした中、徐々に調子が上向きなユナイテッドは、突破候補のライバルであるライプツィヒを叩いて連勝発進となるか。

一方、イスタンブールBBSK相手に伏兵DFアンヘリーニョの2ゴールで白星スタートとしたライプツィヒは、ブンデスリーガでも好スタートを切っている。4勝1分けで首位に立つチームは、直近のヘルタ・ベルリン戦では相手に退場者が出た中、2-1と競り勝った。相手によってシステムを変えてくる知将ナーゲルスマン監督がユナイテッド相手にどんな戦術を用意してくるかが楽しみだ。

そしてホームでユナイテッドに敗れて黒星スタートとなったPSGは、必勝のイスタンブールBBSKとのアウェイ戦に臨む。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング