元日本代表MF今野泰幸が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治6週間、磐田3バックの中心で復活

超ワールドサッカー / 2020年10月28日 13時55分

写真:©︎J.LEAGUE

ジュビロ磐田は28日、元日本代表MF今野泰幸の負傷を発表した。

クラブの発表によると、今野は21日に行われた東京ヴェルディ戦で負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受け、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。

2019年途中にガンバ大阪から加入した今野は、今シーズンの明治安田生命J2リーグで6試合に出場していた。

今野は、フェルナンド・フベロ監督の下では全くと言っていいほど出場機会がなかったものの、鈴木政一新監督の下、G大阪時代の盟友であるMF遠藤保仁が加入し、3バックシステムが採用されると5試合連続で先発出場していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング