C・ロナウド、最新検査でもコロナ陽性…メッシとの2年半ぶりの対決は実現せず

超ワールドサッカー / 2020年10月28日 13時52分

写真:Getty Images

期待されていたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの世紀の対決は水の泡となってしまったようだ。

現フットボール界の二大巨頭であるC・ロナウドとメッシ。前者がかつてレアル・マドリーに在籍していた頃は、ラ・リーガで幾度となくしのぎを削ってきた両雄だが、ユベントスに移籍した2018年夏以来、2人がピッチの上で顔を合わせることはなかった。

そんな中、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ではユベントスとバルセロナが同じグループGに入り、最後に戦った2018年5月から2年半ぶりの対決が期待されていた。

しかし、C・ロナウドは今月13日に新型コロナウイルスに感染。その後、21日の検査でも陽性反応が確認されると、イタリア『メディアセット』によれば、28日のバルセロナ戦前の検査でも三度陽性に。この結果、ポルトガル代表FWはバルセロナ戦の欠場が確定。メッシとの共演は持ち越しとなってしまった。

ユベントスとバルセロナは、互いにCL開幕節で白星を飾っており、連勝を懸けた一戦になる。なお、両チームの次の対戦は12月8日に予定されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング