ユベントスとの古巣戦控えるピャニッチ「非常に難しい試合になる」

超ワールドサッカー / 2020年10月28日 17時15分

写真:Getty Images

バルセロナのボスニアヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが古巣戦を前に思いを語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第2節でユベントスのホームに乗り込むバルセロナ。今夏にユベントスから加入したピャニッチにとっては古巣対決となる。

そんな一戦を前に会見に臨んだ同選手は、古巣戦を「楽しみ」と語りながらも、互いに首位を目指すチーム同士の対決に難しい試合になると話している。

「バルセロナでプレーできてとても嬉しいよ。ここに居られて興奮している。ユベントスでは素晴らしい4年間を過ごした。あそこには良い思い出がある。皆に会えるのが楽しみだよ」

「でも(ユベントス戦は)難しい試合になる。相手も僕らたちと同じように首位を目指しているはずだからね。準備が必要だ」

そう語ったピャニッチだが、ここまで公式戦3試合の出場のみ。この現状に「もっとプレーしたい」と語りながらも、適応が順調だと強調している。

「プレーしたいと思うのは普通のことだ。今後そうなることを願っている。だが、今のところ順調だよ。コロナウイルスのせいで合流が遅れたけど、コンディションは良いからチャンピオンズリーグとラ・リーガでチームを助けたい。必ず貢献できるはずさ」

「ラ・リーガでは望んでいる状況ではないが、チームがうまくやっていくことだけに集中している。シーズンはまだまだ長い。持っているクオリティを示せれば、偉大なことが成し遂げられると思う」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング