PSGに続いてライプツィヒも撃破! スールシャールがハットのエースにも賛辞

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 9時5分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が結果に満足感を示すとともに、エースの活躍を称えた。『UEFA.com』が伝えている。

ユナイテッドは28日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でRBライプツィヒと対戦。5-0の快勝で2連勝を成し遂げた。

初戦のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に続いて、ライプツィヒも破り、グループ首位に立つスールシャール監督は試合後、こう振り返っている。

「ライプツィヒはプレッシャーとインテンシティに秀でたインクレディブルなチームだが、我々も素晴らしいと思った。非常にフォーカスして、選手たちも難しい試合だと認識してもいたんだ」

「どんなチームも全試合で勝利を目指すもの。私は自分たちに焦点を当てることで、より良いプレーができると思っている。それこそ、今夜の我々がやってのけたことだ」

「結果は少し大げさだったが、今日のようなプレーができれば、相手に問題を引き起こすことができる」

また、63分からのピッチインでキャリア初のハットトリックをやってのけたエースのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにも賛辞を送った。

「マーカスはファンタスティックだった。ピッチに入って、一生懸命働き、信じられないようなインパクトを残した」

「ベンチからのインパクトは望むこと。そういう選手がリザーブにいるのは我々にとって、素晴らしいことだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング