J1昇格目指す長崎が横浜FMのFWエジガル・ジュニオを期限付き移籍で獲得「誇りに思ってもらえる結果を手にしたい」

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 12時22分

写真:©︎J.LEAGUE

V・ファーレン長崎は29日、横浜F・マリノスのブラジル人FWエジガル・ジュニオ(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

移籍期間は2020年10月28日~2021年1月1日までとなり、横浜FMとの公式戦には出場できない。背番号は「25」となる。

エジガル・ジュニオは、バイーアから期限付き移籍で2019年に横浜FMへ加入。シーズン途中に重傷を負い長期離脱するも。明治安田生命J1リーグで16試合に出場し11得点を記録していた。

今シーズンもここまで明治安田J1で16試合に出場し3得点を記録。激しいポジション争いを繰り広げていた。

エジガル・ジュニオは両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、これからこのクラブのユニフォームを着るチャンスをいただいたことを名誉に思い大変嬉しい気持ちでいっぱいです。チームメイトと共にクラブの目標を達成できるよう全力を尽くすことを約束します」

「一緒に多くの勝利を手にして喜びを分かち合い、みなさんに誇りに思ってもらえる結果を手にしたいです。どうぞよろしくお願いします!」

◆横浜F・マリノス
「トリコロールファミリーの皆様、これまでのサポートに大変感謝しています」

「日本に初めて来たときに皆さんからとても温かく迎え入れてもらい、とても嬉しかったことを覚えています。それと同時に、常に熱い応援でチームを後押ししてくれていたたくさんのサポーターの姿に驚かされました」

「特に海外から日本へ来た私たちにとってそういう姿はとても大切で、自分もすぐにこのチームの一員として受け入れてもらえたことによって来日早々活躍することができたと思っています」

「期限付き移籍をしますが、私もF・マリノスのことを応援しています。皆さんからの温かいメッセージや応援、ありがとうございました!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング