久々の欧州カップ戦出場を喜ぶシュマイケル「恋しくて仕方がなかった」

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 15時58分

写真:Getty Images

レスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、久しぶりの参加となった欧州カップ戦に興奮しつつ、ファンがスタジアムに入場できない現状を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。

昨シーズンのプレミアリーグで5位という結果を残したレスターは、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に本戦から参加。レスターが欧州カップ戦に参加するのは、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)以来となる。

ELグループG第1節ではウクライナのFCゾリャと対戦し、3-0のスコアで快勝。29日に行われる第2節AEKアテネ戦の試合前会見に臨んだシュマイケルは、久しぶりの欧州遠征を喜びつつ、ファンともこの感情を分かち合いたかったと語っている。

「前回の欧州遠征からしばらく経っていたし、恋しくて仕方がなかったよ。僕たちは(プレミアリーグとは)異なる素晴らしい大会に来ている。(欧州カップ戦を戦う)夜は他と雰囲気が違っていて、まさにこのために働いている感じなんだ」

「こうした夜はまさに僕たちが目指してきたものだよ。ただ、ここにファンがいないのは本当に残念だね。僕たちのような代表としてプレーしている選手にとって、海外へ赴くのは当たり前のことで、大きな違いを感じることはない」

「いつか(スタジアムに)ファンを取り戻せる日が来ることを願っている。ファンがアテネのような場所に来て こうした夜を体験できるようになって欲しいね」

また、シュマイケルは出場権まで後一歩というところまで迫ったCLを惜しみつつ、ELに全力で臨むと意気込んだ。

「チームは明らかにCLを望んでいたよ。でも、いつも欲しいものが手に入るとは限らないからね」

「僕らはピッチに集中し、ホームタウンにいるファンたち全員のため、勝利に向けてプレーしなければならない」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング