ランパード、PK失敗のジョルジーニョを擁護もキッカーは「選手たちと話し合って決定する」

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 15時48分

写真:Getty Images

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督がチームのPKキッカーについて言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE・第2節のFCクラスノダール戦においてイタリア代表MFジョルジーニョがPKを失敗する場面があった。2018年夏のチェルシー加入後、同選手は助走時にスキップするような独特の蹴り方で数多くのPKを決めてきた。

ところが、今季はキッカーを務めた5回のうち、クラスノダール戦を含めて2度外しており、同試合でドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがシンプルかつ確実に決めたことで、ジョルジーニョ路線の継続に疑問が生じている。

ランパード監督は、ジョルジーニョのPK成功率を称賛しつつ、時には外すこともあると擁護。一方で今後のキッカーについては選手たちと相談して決めると話している。

「ジョルジーニョはそのキャリアの中でも特にチェルシーにおいて信じられない確率でPKを成功させてきた」

「彼ほどたくさんのPKを蹴っていれば、一度くらいミスをすることもある。時には二度失敗することもあるだろう。それは私が選手として経験したことだ」

「彼の蹴り方に関しては全くもって問題視していない。あれで成功してきたわけだからね。そしてティモ・ヴェルナーは、我々に示したようにPKを蹴る力を持っている」

「我々には他にも同様の選手たちがいる。彼らと話し合って今後どうしていくか考えるよ。素晴らしいPKキッカーが揃っているからね」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング