クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 17時46分

写真:Getty Images

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、かつて所属したバイエルンとマドリーで異なる点があると明かしている。スペイン『アス』が伝えた。

クロースは、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のボルシアMG戦にスタメン出場。チームはアウェイで2点を先取される苦しい展開だったが、終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のスコアで試合を終えている。

クロースはこの母国ドイツへの遠征を利用し、試合後に現在ドイツ2部でプレーしている弟のフェリックス・クロースとポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で配信を開始。選手としての最高の逸話や試合後の感情などについて話し、ファンを沸かせた。また、配信の中でクロースは、2014年まで所属していたバイエルンとマドリーを比べ、ある“習慣”が違うと明かしている。

「バイエルンではCLの試合後に必ず大宴会が開かれるんだ。正直、気乗りしていなかったし、面倒に感じていた。僕はここ(マドリー)でのやり方の方が好きだね。マドリーでは試合が終わるとすぐ家に帰れるんだ。でも、ミュンヘンでは違った。家に帰るまで永遠の時間が流れているようだったよ」

バイエルンとマドリーそれぞれの習慣は、合う選手と合わない選手ではっきり分かれるかもしれない。ただ、少なくともクロースにとっては、マドリーでの習慣の方が快適なようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング