バーンリー、270億円での買収が間近に!

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 21時28分

写真:Getty Images

プレミアリーグのバーンリーの買収が目前に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

今回の買収計画を主導しているのはエジプト人実業家のモハメド・エル・カシャシー氏と、スポーツ弁護士のクリス・ファーネル氏。エル・カシャシー氏はドバイを拠点とし、食品やレジャー業界で名を馳せた人物。現在はUAE周辺でレストランをチェーン展開している『Think Food LLC』社を主な事業としているようだ。

一方ファーネル氏は、今年初めにリーグ・ワンのチャールトンの買収にも動いたが、そこで問題が生じ、EFLクラブの買収を禁止される事態に瀕していた。だが、最近その裁判が決着し、禁止令が解かれていた。

そんな2人が手を組んだこの計画では、買収額は2億ポンド(約270億円)と報じられており、12カ月前から進められていたという計画は佳境を迎えているようだ。

バーンリーは今季のプレミアリーグでは1勝も挙げられておらず、買収が完了した暁には、莫大な資金による後押しが期待されているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング