不協和音のバレンシア、会長が選手たちと会談 団結と責任感を求む

超ワールドサッカー / 2020年10月30日 16時10分

写真:Getty Images

ピッチ内外で問題山積みのバレンシアでは、会長を務めるアニル・マーシー氏が状況改善のため、選手たちと会談の場を持ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。

バレンシアは2018-19シーズンにコパ・デル・レイ優勝を果たし、11シーズンぶりのタイトルをチームにもたらしたマルセリーノ・ガルシア監督を2019年9月に解任。理由はオーナーであるピーター・リム氏との不和だったとされている。それ以降、低迷から抜け出せず、ピッチ外でも混迷の時期が続く状態だ。

今夏、新型コロナウイルスの影響で財政がひっ迫しているとして、MFダニエル・パレホ、MFフランシス・コクラン、FWロドリゴ・モレノら主力を大量に放出。一方で、新戦力の獲得はなく、ハビ・グラシア監督は約束違反だとして辞任を表明した。

クラブは高額な違約金の支払いを求めることで何とかグラシア監督を留任させたが、今度は移籍を求めたMFジェフリー・コンドグビアが自身の『インスタグラム』内でマーシー会長を痛烈に批判。次から次へと問題が生じる状況でチームがまとまるはずもなく、今シーズンのラ・リーガでは7試合を終え2勝1分け4敗の14位に低迷している。

『アス』によると、事態を重く見たマーシー会長は、29日の練習を前に、チームのまとめ役であるDFホセ・ガヤ、GKジャウメ・ドメネク、DFガブリエウ・パウリスタ、MFカルロス・ソレール、そしてコンドグビアの5人と会談の場を設けたようだ。

マーシー会長は現在、リーグ3連敗中のチームに対して、団結と責任感を持って立ち直ってほしいというメッセージを送ったという。また、コーチングスタッフや選手との関係改善も目的のようだ。選手たち以外に、マーシー会長は先週、グラシア監督とも昼食をともにし、そこでも激励のメッセージを送っている。

この会談後に注目されているのが、2週間前に会長を猛批判したコンドグビアの反応だ。コンドグビアは現在、負傷を理由に練習に参加しておらず、チームの中には彼の負傷を疑う声もある。クラブはマーシー会長との会談をきっかけとしてチームへの復帰を望んでいるが、現時点で動きはなく、11月1日に予定するラ・リーガ第8節のヘタフェ戦欠場が確実視されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング