FCソウルDFキム・ナムチュンが31歳で死去…自殺か…

超ワールドサッカー / 2020年10月30日 19時36分

写真:Getty Images

FCソウルの韓国人DFキム・ナムチュン(享年31)が30日に逝去したことがわかった。『朝鮮日報』など複数韓国メディアが訃報を伝えている。

ソウルの地元警察によると、現時点でキム・ナムチュンに他殺などの可能性はなく、同選手が自ら命を絶った可能性が高いという。ただ、警察は死因を含め今後も慎重に捜査を継続していく模様だ。

184cmの屈強なセンターバックのキム・ナムチュンは光云大学から2013年にFCソウルに加入。2017年からの2シーズンは兵役のため尚州尚武でプレーしたが、その後FCソウルに復帰。ここまでKリーグ1で通算114試合に出場し、今季ここまでも22試合に出場していた。また、FCソウルでは2015年に国内カップ、2016年のリーグ制覇に貢献していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング