アーセナルのホールディング、因縁の地での14年ぶり勝利に自信「この勢いを維持したい」

超ワールドサッカー / 2020年11月2日 12時38分

写真:Getty Images

アーセナルのイングランド人DFロブ・ホールディングは、14年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラフォードでの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

アーセナルは1日、プレミアリーグ第7節でユナイテッドと対戦。第5節のマンチェスター・シティ戦、第6節のレスター・シティ戦に敗れ2連敗となっていたチームは、2006年を最後に白星から遠ざかる鬼門オールド・トラフォードに乗り込んだ。

相性の悪いスタジアムでの一戦にもかかわらず、チームは非常にアグレッシブな姿勢を見せると、ポグバの不用意なファールで得たPKをFWピエール=エメリク・オーバメヤンが決め、先制に成功。その後はホールディングらDF陣が集中したプレーを見せリードを守り抜き、オールド・トラフォードで14年ぶりの勝利を手にした。

試合後のインタビューに応じたホールディングは、勝利を喜ぶ一方で、もう少し点差を広げることもできたと語っている。

「パフォーマンスとクリーンシートには満足しているよ。リーグ戦では14年間ここで勝っていなかったからね。チームは向上しているし、この勢いを維持できればと思う」

「前半はシュートがクロスバーに当たったり、サカのヘディングが決まらなかったりした。別の日なら、3-0か4-0のスコアで勝てたかもしれないね。とはいえ、勝利とクリーンシートに満足しているよ」

また、後半はユナイテッドが盛り返す展開を予測し、しっかりと対応できたコメント。さらに、マンチェスター出身のホールディングは、かつての贔屓チーム相手の勝利を喜んだ。

「ユナイテッドはいつも後半にゴールを決めるのが得意だ。彼らが最後の数分でパワープレーにくることはわかっていた。だから僕たちは全員が一丸となって、魂を込めて守り抜いた」

「(マンチェスター・ユナイテッドは)家族でずっと応援してきたチームなんだ。そこで結果を残せて嬉しいよ」

ホールディングは2年前に行われたオールド・トラフォードでの試合で、左ヒザ前十字じん帯を断裂。キャリアにおいて大きな躓きとなった因縁の地での試合だったが、今回で悪夢を払拭できたとコメント。また、チームもトップ6相手の勝利をきっかけに前進できると意気込んだ。

「前回ここでプレーした時に、前十字じん帯を負傷してしまった。今日ここに来て、それを忘れられる勝利を手にできて良かったよ」

「(第5節の)シティ戦のパフォーマンスは良かったと思うけど、結果として運がなかった。今回トップ6のチームに勝てたことで自信を得られたと思うし、次のステップに進んでいけるはずだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング