リーグ戦33試合30得点に5回のハットトリック!バルセロナ時代のロマーリオの無双ぶり【ハットトリック・ヒーローズ】

超ワールドサッカー / 2020年11月4日 11時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、元ブラジル代表FWロマーリオ氏がバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。


1993年にPSVからバルセロナに加入したロマーリオ氏は、移籍初年度のラ・リーガで33試合に出場し30ゴールを記録。5回のハットトリックを記録するなど、文字通り“無双”していた。

特に、アトレティコ・マドリー相手には2回の対戦で2回ともハットトリックを達成。二度目の対戦となった1994年3月12日に行われたラ・リーガ第28節では、圧巻のループシュートを含む大活躍を見せた。

まずは12分、MFジョゼップ・グアルディオラからの縦パスをボックス外で受けたロマーリオはそこからまさかのループシュート。芸術的なシュートは相手GKの頭上を越え、ゴール左のサイドネットへと吸い込まれた。

このゴールで先制したバルセロナだったが、その後逆転を許し2-3で前半を折り返す。そして迎えた64分、FWフリスト・ストイチコフのお膳立てからロマーリオが冷静に沈めて同点に追いつく。

さらに74分、味方のシュートのこぼれ球をボックス内でロマーリオが拾うと、相手ディフェンスからのプレッシャーを受けながらも、再びループ気味のシュートでゴール左上へと沈め、ハットトリックを達成した。

ロマーリオ氏は1995年冬にバルセロナを退団し、プレーしたのはわずか1年半だったが、そのインパクトはとてつもなく大きかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング