入院したマラドーナ、硬膜下血腫が見つかり緊急手術

超ワールドサッカー / 2020年11月4日 9時45分

写真:Getty Images

緊急入院していたアルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が緊急手術を実施したことがわかった。

マラドーナ氏は、先週自身のボディーガードが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことで隔離措置。そんな最中、10月30日には60歳の誕生日を迎えていた。


そのマラドーナ氏だが、2日にサナトリオ・イペンサ・ラ・プラタ病院へ緊急入院。主治医は大きな問題はないとされていたが、貧血と脱水症状に苦しんでいたための入院となっていた。

しかし、そのマラドーナ氏は3日に手術を受けたとのこと。主治医のレオポルド・ルケ氏は「彼は頭が冴えており、理解している。手術することにも同意している」と、マラドーナ氏が危ない状態ではないことを強調した。

アルゼンチン『Tyc sports』によると、検査のために入院したマラドーナ氏は脳に硬膜下血腫が見つかったとのこと。オリボス病院に移され、脳神経外科医でもあるルケ氏の執刀で手術を行うようだ。

硬膜下血腫とは頭部の頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜と脳との隙間に血が貯まる病気。血腫が脳を圧迫して様々な症状が見られるもの。頭痛や歩行障害、認知症なども発症する可能性があり、慢性的なものは高齢の男性によく見られるものだ。

今回のマラドーナの手術には、古巣であるナポリも応援のツイートを行なっている。また、ヒムナシア・ラ・プラタのサポーターは病院に集まり、応援のメッセージを送ったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング