5発大勝のリバプール、クロップはハットのジョタを「スーパー」と称賛! ベンチのフィルミノにも言及

超ワールドサッカー / 2020年11月4日 9時56分

写真:Getty Images

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)3連勝を飾ったチームを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。

リバプールは3日、CLグループD第3節でアタランタと対戦。公式戦4連勝と波に乗った状態でアウェイに乗り込んだチームは、FWロベルト・フィルミノに代わりスタメンに起用されたFWジオゴ・ジョタが、ハットトリックの活躍を見せる。

守備では高い攻撃力を誇るアタランタに何度かチャンスを作られたものの、GKアリソン・ベッカーが好セーブを見せ、終わってみれば5-0の圧勝。CL開幕から3連勝となった

試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、試合前に称賛していたアタランタへの好評価は変わらないとしつつ、自分たちも優れたパフォーマンスを見せたと語っている。

「試合前に(アタランタについて)言ったことはすべて100パーセント真実だ。私はこの世界に長年携わっているから、他のチームがどれだけ良いサッカーをしているか見抜けるよ。その考えは今夜の結果の後でも変わらない。ただ、我々も同様に良いチームだったんだ」

「信じられないほど高いレベルで守り、最高のサッカーをしてゴールを決めた。我々は5ゴールを決めたし、もしかするとあと2~3ゴール決められたかもしれない。一方で、アリソンがワールドクラスのセーブを3度もする必要があった」

「アタランタが得意とすることをやらせれば、脅威がどれだけ大きいか分かるはずだ。今夜のチーム全体のパフォーマンスは本当に素晴らしかった。スコア自体はそれほど重要ではないよ」

また、クロップ監督はハットトリックを決めたジョタを絶賛しつつ、ベンチからのスタートとなったフィルミノへの言及も忘れなかった。

「すべてが良かった。良いパフォーマンスが私に(メンバー選びによる)頭痛をもたらすことはないよ。今夜はジオゴの調子が良く、アタランタのプレーや守備を考えた時、彼のスキルが役立つと考えたんだ」

「ただ、世界には誰かが輝いている瞬間、すぐ別の選手について話したがる悪いところがある。500試合連続でそう感じているよ。フィルミノがいなければ、我々はCLに出られなかっただろう。もし『リバプールの何が特別な日を作るのか?』と聞かれれば、私はフィルミノがプレーしていることだと言うだろう」

「我々にとって、11人以上の選手がいることが重要だ。今夜のジオゴの状態は素晴らしく、スーパーなプレーを見せた。だからと言ってフィルミノについて言及することはないし、私の頭痛の原因とは何の関係もない。今夜、選手たちがするべきプレーをしてくれたことが何よりも嬉しいよ」

また、クロップ監督はこの日CLデビューを飾った19歳のDFリース・ウイリアムズのプレーについても言及し、「これ以上の満足感を示せない」と喜びを露わにしつつ。「最終ラインは信じられないほど良かった」とDF陣全体のパフォーマンスを称えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング