ヴェルナーPK2発のチェルシーが10人レンヌに快勝! セビージャが数的不利撥ね返す劇的勝利!《CL》

超ワールドサッカー / 2020年11月5日 7時25分

写真:Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第3節、チェルシーvsスタッド・レンヌが4日に行われ、ホームのチェルシーが3-0で快勝した。

前節、敵地でFCクラスノダールを4-0で破り、今季CL初勝利を手にしたチェルシー。連勝を目指す今節では新守護神メンディの古巣レンヌをホームで迎え撃った。3-0で快勝した直近のバーンリー戦からは先発1人を変更。新型コロナウイルスで陽性反応が確認されて自主隔離となったハヴァーツに代えてジョルジーニョを起用した。

立ち上がりから拮抗した入りとなったが、チェルシーが幸先よく先制に成功する。10分、ボックス内でボールを持ったヴェルナーがDFダウベルトのファウルを誘いPKを獲得。これを自ら決めて公式戦3試合連続ゴールとした。

その後はチェルシーがボールを握る状況が続くが、最後の場面でプレー精度を欠き流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めない。しかし、1点リードでハーフタイム突入かに思われた前半終了間際に追加点を奪い切る。

37分、ボックス付近でエイブラハムが放ったシュートがボックス内のDFダウベルトの上げた腕に当たると、VARによるオンフィールドレビューの結果、チェルシーにこの試合2本目のPKが与えられる。これをキッカーのヴェルナーがきっちり決め切った。さらに、このハンドに対して主審はダウベルトに2枚目のイエローカードを掲示する厳しい判定を下し、2点リードのホームチームは数的優位まで得ることに。

これで俄然余裕のチェルシーは後半立ち上がりの50分、右サイド深くに抜け出したリース・ジェームズからの高速クロスをニアに飛び込んだエイブラハムがワンタッチで合わせ、試合を決定づける3点目とした。

後半開始早々の追加点によって勝利を確信したランパード監督は週末のリーグ戦を睨んで、ここから積極的な選手交代を敢行。主力を次々に下げてジルーやコバチッチ、エメルソンといった出場機会の少ない選手たちにチャンスを与えた。

その後も1人少ないレンヌを相手に危なげない試合運びを見せたチェルシーは、公式戦5試合連続のクリーンシートできっちり試合を締め括り、グループステージ2連勝を飾った。

また、同日行われたグループE第3節のもう1試合、セビージャvsFCクラスノダールは、ホームのセビ-ジャが3-2で逆転勝利した。

直近リーグ3連敗と不振が続くセビージャは、この試合でも20分過ぎまでに2点のビハインドを負う苦しい戦いを強いられる。

前半終了間際の42分にはジョルダンのクロスをラキティッチが豪快なヘディングシュートで合わせ、点差を縮める。しかし、前半アディショナルタイムにはボックス手前ギリギリの位置で相手をファウルで止めたヘスス・ナバスに決定機阻止のレッドカードが掲示され、数的不利を背負うことになった。

さらに難しい戦いを強いられることになったホームチームだが、ここから意地を見せる。69分、相手ボックス付近でボールを奪ったエン=ネシリがそのまま冷静にシュートを流し込み、同点に追いつく。続く72分にはセットプレーからゴール前でこぼれ球に反応したエン=ネシリが豪快な右足のボレーシュートを叩き込み、瞬く間に逆転に成功した。

その後、相手の反撃を持ち味の堅守で凌ぎ切ったセビージャが劇的な逆転勝利を飾っている。

チェルシー 3-0 スタッド・レンヌ
【チェルシー】
ヴェルナー(前10[PK])
ヴェルナー(前41[PK])
エイブラハム(後5)

セビージャ 3-2 FCクラスノダール
【セビージャ】
ラキティッチ(前42)
エン=ネシリ(後24)
エン=ネシリ(後27)
【FCクラスノダール】
スレイマノフ(前17)
ベリ(前21[PK])

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング