レヴァンドフスキがICCレアル戦で見せた超絶トラップ&ターンシュート【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年11月5日 16時0分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。


ドルトムントでリーグ屈指のストライカーとして頭角を現したレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンへ加入。ゴールを量産し、ワールドクラスのストライカーとして評価を上げている。

ドイツの絶対王者バイエルンのエースストライカーとして活躍を続けるレヴァンドフスキだが、2019年7月21日に行われた、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のレアル・マドリー戦では、見事なゴールを決めている。

バイエルンが前半に先制し、1-0とリードして迎えた67分、最終ラインからのロングフィードを相手ディフェンスの裏で受けたレヴァンドフスキは、素晴らしいトラップでボールを足元に収める。ゴールに背を向けた状態でボールをキープしたレヴァンドフスキは、相手のプレッシャーをいなしつつ、反転しながらシュートを放つと、シュートはゴール右下に決まり、見事な追加点となった。

この後も追加点を奪ったバイエルン。終了間際にマドリーに1点を返されるも、3-1で勝利している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング